今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三のフェブラリーS予想は?

フェブラリーステークス(G1)

2月18日(日)東京競馬場1600メートル(ダート)4歳以上オープン

フェブラリーステークス

フェブラリーSの見どころ

ウィルソンテソーロG1初Vへ

2024年最初のJRA・G1フェブラリーS(ダート1600メートル)が18日に東京競馬場で行われる。昨年の覇者レモンポップが不在で混戦模様だ。

ウィルソンテソーロ(牡5、小手川)がG1初勝利のチャンスを迎えた。昨年のチャンピオンズCでレモンポップの2着に好走すると、続く東京大賞典はウシュバテソーロを相手に半馬身差の2着。強豪を相手に連続で健闘した。どんな競馬もできるタイプで、久々のマイルも心配なし。スムーズなら好レース必至だ。

強敵はキングズソード(牡5、寺島)。昨年は3連勝でJBCクラシックを制した。前走の東京大賞典は5着と案外だったが、流れも不向きだった。初めてのマイルが鍵になるが、広い東京なら本領発揮だ。

一昨年のホープフルS覇者ドゥラエレーデ(牡4、池添)も差はない。久々のダートだった昨年のチャンピオンズCで3着に健闘すると、東京大賞典も3着。ダートでは4戦して複勝率100%と抜群の安定感を誇る。立ち回り次第では芝、ダート双方でのG1制覇もある。

レッドルゼル(牡8、安田隆)は21年JBCスプリントを制し、昨年のこのレースでは2着に好走。前走の武蔵野Sも3着と、8歳でも衰えは見られない。

地方からは、2年連続でNARグランプリ年度代表馬に輝いた兵庫のイグナイター(牡6、新子)が参戦する。昨年の南部杯ではレモンポップにこそ離されたものの2着に好走。続く前走JBCスプリントでは兵庫所属馬として初めてJpn1を制した。JRA・G1は初参戦だが、スピードはここでも上位だ。

大井からは無敗で南関東3冠を達成したミックファイア(牡4、渡辺和)が出走。前走の東京大賞典は8着と初めての敗戦となったが、自分の競馬ができれば巻き返せるだけの実力馬だ。

他にも、昨年のNHKマイルCを制したシャンパンカラー(牡4、田中剛)や、芝重賞馬でダート初挑戦のガイアフォース(牡5、杉山晴)など、実力馬が激突する。

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄がG1レースを予想。独自の分析で的中にグングン近づきます!開催週の月曜と土曜に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

フェブラリーSをコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去10年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去10年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

予想コラム
予想コラム

水島晴之「G1の鍵 その一瞬

G1週恒例の水島晴之「G1前哨戦その一瞬」。競馬歴半世紀をゆうに超える経験と知識に裏打ちされた、ベテラン記者が多角的な視点から核心に迫ります。ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾
日刊スポーツ競馬記者による、本紙に明かさない狙い目予想!
記者予想
AIコロガシ編 おとこ気馬券道

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-4434-2387(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ