今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三のフェブラリーS予想は?

フェブラリーS(G1)

2月23日(日)東京競馬場1600メートル(ダート)4歳以上オープン

フェブラリーS

フェブラリーSの見どころ

インティとモズアスコットの激突に注目!

2月23日、東京で2020年最初のG1・フェブラリーS(ダート1600メートル)が開催される。最大の焦点は、昨年の覇者インティ(牡6、野中)と、前哨戦の根岸Sで鮮烈なダート・デビューを飾ったモズアスコット(牡6、矢作)の激突だ。

インティは未勝利戦からノンストップの7連勝で昨年のこのレースを制したが、それ以降は勝ち鞍に恵まれていない。それでも15着に沈んだみやこS以外は大崩れしていないし、ここ2走は連続3着と復調気配が漂う。5戦【3・1・1・0】と馬券圏内を外したことがない左回りのダートで、巻き返しは必至だろう。対するモズアスコットは一昨年の安田記念の覇者。初ダートの前走は大きく出遅れながら、コパノキッキング以下を差し切り快勝した。砂をかぶっても問題なく、ダート適性はかなり高そうだ。芝&ダートでのG1制覇となるとクロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに続き5頭目となる。

他にも東京ダートで6戦【5・1・0・0】とパーフェクト連対のアルクトス(牡5、栗田)、7歳にして本格化し、東海Sでインティに先着したヴェンジェンス(牡7、大根田)、東京ダートは14戦【6・3・0・5】のG1ウイナー・サンライズノヴァ(牡6、音無)などが虎視眈々(たんたん)と首位をうかがう。また8歳で中央に再入厩してきた衰え知らずのブルドッグボス(牡8、加用)、2年前の覇者で大井からの参戦となるノンコノユメ(セン8、荒山)などのベテラン勢からも目が離せない。

推し馬G1アンケート

極ウマ・プレミアムで募集したフェブラリーS「推し馬」アンケートで、勝つと思う馬は総投票数196票のうちインティが64票、モズアスコットが63票と“2強ムード”だ。穴をあけると思う馬は2年前の覇者ノンコノユメが43票となっている。

推し馬G1アンケート勝ち馬グラフ

◆勝ち馬その他 4票=ワイドファラオ 3票=キングズガード、デルマルーヴル 2票=ブルドッグボス、ミューチャリー 1票=タイムフライヤー

推し馬G1アンケート穴馬グラフ

◆穴馬その他 9票=ミューチャリー、モズアスコット 8票=アルクトス 7票=インティ、ワンダーリーデル 6票=タイムフライヤー 3票=デルマルーヴル

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

帰ってきた崖っぷちブルース

フェブラリーS限定!あの男が帰ってくる。何度崖から突き落とされただろう、何度苦汁をなめただろう。それでもあの男は帰ってくる!たった1度の限定再登板。こん身のブルースを![有料]ここをクリック

予想コラム
予想コラム

京大大学院在学中「インテリuma-joの大予想

東大卒→京大大学院在学中の頭脳派キャンパスクイーン宇田川那奈がG1レースを予想します。3連単で夢を追う彼女にのっかってみる? G1レース前夜に更新。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄がG1レースを予想。的中にグングン近づいて行きます!開催週の月曜と土曜に更新。[有料]ここをクリック

調教分析
調教分析

調教捜査官・井内利彰 調教フローチャート

調教捜査官・井内利彰の新企画は、普段注目されない2週前の追い切りから理想的な調教の流れを追求する「調教フローチャート」。追い切り予想派は見逃せない!開催週の月曜と木曜に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

フェブラリーSをコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去10年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去10年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリッ