レパードステークス特集

レパードステークス(G3)

8月7日(日)新潟競馬場1800メートル(ダート)3歳オープン

レパードステークス

過去5年の成績

2021年 メイショウムラクモ
メイショウムラクモ

好位の外を追走した1番人気メイショウムラクモが、最後の直線での追い比べを制して重賞初制覇を飾った。55歳の柴田善騎手は、JRA重賞勝利最年長記録をマークした。2着は3馬身差で10番人気のスウィープザボード。4分の3馬身差の3着は、6番人気のレプンカムイが入った。

全成績はこちら

2020年 ケンシンコウ
ケンシンコウ

好スタートからハナを奪った7番人気ケンシンコウが、そのまま後続を寄せつけずに逃げ切り勝ちを収め重賞初制覇を果たした。2馬身半差の2着は2番人気ミヤジコクオウ。4分の3馬身差3着には5番人気ブランクチェックが入った。1番人気のデュードヴァンは、伸び切れず4着に終わった。

全成績はこちら

2019年 ハヤヤッコ
ハヤヤッコ

後方を追走した10番人気ハヤヤッコが、最後の直線で大外を鋭く伸びて差し切り勝ち。白毛馬として初めてJRAの重賞を制した。首差2着は1番人気デルマルーヴル、3着は半馬身差で11番人気トイガー。3連単は27万円超の波乱となった。

全成績はこちら

2018年 グリム
グリム

好スタートを決めた5番人気グリムが、10番人気ヒラボクラターシュの追い上げを首差振り切り、1分52秒0で逃げ切った。3着は3番手から粘った9番人気のビッグスモーキーで、3連単は67万1670円の大波乱となった。1番人気グレートタイムは6着。

全成績はこちら

2017年 ローズプリンスダム
ローズプリンスダム

11番人気のローズプリンスダムが中団から差し切り勝ち。木幡巧騎手と人馬ともに重賞初制覇を果たした。12番人気のサルサディオーネが逃げ粘って2着に健闘し、馬連は9万円超の大波乱となった。1番人気のエピカリスは3着に終わった。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第13回(2021)メイショウムラクモ柴田善臣
第12回(2020)ケンシンコウ丸山元気
第11回(2019)ハヤヤッコ田辺裕信
第10回(2018)グリム内田博幸
第9回(2017)ローズプリンスダム木幡巧也
第8回(2016)グレンツェント戸崎圭太
第7回(2015)クロスクリーガー岩田康誠
第6回(2014)アジアエクスプレス戸崎圭太
第5回(2013)インカンテーション大野拓弥
第4回(2012)ホッコータルマエ幸英明
第3回(2011)ボレアス武豊
第2回(2010)ミラクルレジェンド北村宏司
第1回(2009)トランセンド松岡正海

※09年は「新設重賞」、10年は「重賞」と表記。11年の第3回よりG3に新規格付け。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ