京都2歳ステークス特集

京都2歳ステークス(G3)

11月26日(土)阪神競馬場2000メートル(芝)2歳オープン

京都2歳ステークス

過去5年の成績

2021年 ジャスティンロック
ジャスティンロック

道中は後方を追走した5番人気のジャスティンロックが、ゴール前での追い比べを制し、重賞初制覇を飾った。半馬身差の2着は9番人気のビーアストニッシド、さらに鼻差の3着は2番人気フィデルが入った。なお、1番人気トゥデイイズザデイは6着に敗れた。

全成績はこちら

2020年 ワンダフルタウン
ワンダフルタウン

後方で脚をためた3番人気のワンダフルタウンが、ゴール前で差し切って重賞初制覇を飾った。2着には4分の3馬身で2番人気のラーゴム。さらに4分の3馬身差の3着には7番人気マカオンドールが入った。なお、1番人気のグロリアムンディは4着に敗れた。

全成績はこちら

2019年 マイラプソディ
マイラプソディ

道中は後方待機策をとった1番人気マイラプソディが、4コーナー手前から進出。直線で力強く伸びて重賞初制覇を飾った。鞍上の武豊騎手はこのレース3勝目。2馬身差の2着は2番人気ミヤマザクラ、3馬身差の3着は3番人気のロールオブサンダーが入った。

全成績はこちら

2018年 クラージュゲリエ
クラージュゲリエ

後方から馬群を割って伸びた1番人気のクラージュゲリエが、ブレイキングドーンとの一騎打ちを制し重賞初制覇を飾った。半馬身差の2着は4番人気のブレイキングドーン。そして3馬身半差の3着には、後方の外から脚を伸ばした2番人気のワールドプレミア。

全成績はこちら

2017年 グレイル
グレイル

道中は4番手を追走した2番人気グレイルが、直線で外に持ち出されると先に抜け出したタイムフライヤーをゴール前で鮮やかに差し切り重賞初制覇を飾った。頭差の2着は1番人気のタイムフライヤー、2馬身半差の3着は5番人気のケイティクレバーが入った。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第8回(2021)ジャスティンロック松山弘平
第7回(2020)ワンダフルタウン和田竜二
第6回(2019)マイラプソディ武豊
第5回(2018)クラージュゲリエJ.モレイラ
第4回(2017)グレイル武豊
第3回(2016)カデナ福永祐一
第2回(2015)ドレッドノータス武豊
第1回(2014)ベルラップW.ビュイック

※2014年からG3に格付け。20~21年は阪神芝2000メートルで開催。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ