阪急杯特集

阪急杯(G3)

2月28日(日)阪神競馬場1400メートル(芝)4歳以上オープン

阪急杯

過去5年の成績

2020年 ベストアクター
ベストアクター

中団を追走した6番人気ベストアクターが差し切り勝ち。3連勝で重賞初制覇を飾った。2着以下は1番人気ダイアトニックが2位、2番人気フィアーノロマーノが3位で入線したが審議に。その結果、最後の直線でダイアがフィアーノの進路を妨害したとして降着。2着がフィアーノ。3着ダイアとなった。

全成績はこちら

2019年 スマートオーディン
スマートオーディン

最後方を追走した11番人気スマートオーディンが、直線で大外から勢い良く追い込み、016年の京都新聞杯以来となる重賞制覇を飾った。1馬身差の2着は4番人気のレッツゴードンキ、3着には2番人気ロジクライが入った。1番人気に推されたミスターメロディは7着に敗れた。

全成績はこちら

2018年 ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー

福島厩舎のラスト重賞出走となったダイアナヘイローは武豊騎手が騎乗して7番人気。13番枠から好スタートを決め、3角手前でハナに立つと、リードを保って直線を向き、最内で粘った。大外を伸びる1番人気モズアスコットを首差封じて逃げ切り。前年の北九州記念に次ぐ重賞2勝目を挙げ、福島師が有終の美を飾った。

全成績はこちら

2017年 トーキングドラム
トーキングドラム

7番人気の7歳馬トーキングドラムが重賞初出走初勝利を飾った。抜群の手応えで直線に入ると、最内をついて伸びた。馬群を割ったヒルノデイバローが頭差の2着。初芝の12番人気ナガラオリオンが3着に入り、3連単248万円超の大波乱となった。

全成績はこちら

2016年 ミッキーアイル
ミッキーアイル

1番人気ミッキーアイルが好スタートからハナに立ち、リードを1馬身半ほどとった。2番手に2番人気レッツゴードンキ。半馬身差の3番手に5番人気ブラヴィッシモ。アイルは1馬身のリードを保ったまま直線へ。ラチ沿いに入ると最後まで力強い伸び脚を見せ、そのまま押し切った。4分の3馬身差2着にオメガヴェンデッタ、首差3着はブラヴィッシモ。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第64回(2020)ベストアクター浜中俊
第63回(2019)スマートオーディン藤岡佑介
第62回(2018)ダイアナヘイロー武豊
第61回(2017)トーキングドラム幸英明
第60回(2016)ミッキーアイル松山弘平
第59回(2015)ダイワマッジョーレM.デムーロ
第58回(2014)コパノリチャード浜中俊
第57回(2013)ロードカナロア岩田康誠
第56回(2012)マジンプロスパー浜中俊
第55回(2011)サンカルロ吉田豊
第54回(2010)エーシンフォワード岩田康誠
第53回(2009)ビービーガルダン安藤勝己
第52回(2008)ローレルゲレイロ四位洋文
第51回(2007)プリサイスマシーン安藤勝己
エイシンドーバー幸英明
第50回(2006)ブルーショットガン松永幹夫
第49回(2005)キーンランドスワン四位洋文
第48回(2004)サニングデール吉田稔
第47回(2003)ショウナンカンプ藤田伸二
第46回(2002)アドマイヤコジーン後藤浩輝
第45回(2001)ダイタクヤマトM.デムーロ
第44回(2000)ブラックホーク横山典弘
第43回(1999)キョウエイマーチ秋山真一
第42回(1998)マサラッキ河内洋
第41回(1997)シンコウフォレスト四位洋文
第40回(1996)トーワウィナー河内洋
第39回(1995)ボディーガード松永幹夫
第38回(1994)ゴールドマウンテン岸滋彦
第37回(1993)レガシーフィールド佐藤哲三
第36回(1992)ホクセイシプレー須貝尚介
第35回(1991)ジョーロアリング山田和広
第34回(1990)センリョウヤクシャ河内洋
第33回(1989)ホリノライデン武豊
第32回(1988)サンキンハヤテ増井裕
第31回(1987)セントシーザー河内洋
第30回(1986)ロングハヤブサ南井克巳
第29回(1985)シャダイソフィア河内洋
第28回(1984)グァッシュアウト小島貞博

※グレード制導入の84年からG3に格付け。07年は1着同着。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ