函館スプリントステークス特集

函館スプリントステークス(G3)

6月13日(日)札幌競馬場1200メートル(芝)3歳以上オープン

函館スプリントステークス

過去5年の成績

2020年 ダイアトニック
ダイアトニック

2~3番手を追走した1番人気ダイアトニックが、最後の直線で悠々と抜け出し完勝。昨年のスワンSに続き、重賞2勝目を飾った。勝ち時計は1分07秒5という好タイム。2馬身差の2着は10番人気ダイメイフジ。3着には半馬身差で3番人気ジョーマンデリンが入った。

全成績はこちら

2019年 カイザーメランジェ
カイザーメランジェ

5番人気カイザーメランジェがハナを切り、直線でも後続を寄せ付けず逃げ切り重賞初制覇を飾った。2着は2番人気アスターペガサス、首差3着には1番人気タワーオブロンドン。なお、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性があったため、6頭が競走除外となった。

全成績はこちら

2018年 セイウンコウセイ
セイウンコウセイ

3番人気のセイウンコウセイが逃げ切り、重賞2勝目を飾った。テン乗りの池添騎手が軽く促してハナに立つとそのまま逃げ切り、2着ヒルノデイバローの追い込みを鼻差でしのいだ。勝ちタイムは1分7秒6。1番人気のナックビーナスは3着だった。

全成績はこちら

2017年 ジューヌエコール
ジューヌエコール

ジューヌエコールが1分6秒8のコースレコードで重賞2勝目を挙げた。中団追走から抜群の手応えで外を進出。直線で軽々抜け出し後続を突き放した。軽量50キロの3歳牝馬が2年連続V。4番人気キングハートが2馬身半差の2着で、首差3着には7番人気エポワスが入った。1番人気セイウンコウセイは4着。

全成績はこちら

2016年 ソルヴェイグ
ソルヴェイグ

12番人気ソルヴェイグが、2番手追走から直線で激しいたたき合いを制し重賞2勝目。勝ち時計は1分07秒8のレコードだった。鼻差2着に2番人気シュウジ、3着は7番人気レッツゴードンキが入り、3連単は39万円超の波乱となった。1番人気オメガヴェンデッタは6着。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第27回(2020)ダイアトニック武豊
第26回(2019)カイザーメランジェ江田照男
第25回(2018)セイウンコウセイ池添謙一
第24回(2017)ジューヌエコール北村友一
第23回(2016)ソルヴェイグ丸田恭介
第22回(2015)ティーハーフ国分優作
第21回(2014)ガルボ津村明秀
第20回(2013)パドトロワ勝浦正樹
第19回(2012)ドリームバレンチノ松山弘平
第18回(2011)カレンチャン池添謙一
第17回(2010)ワンカラット藤岡佑介
第16回(2009)グランプリエンゼル熊沢重文
第15回(2008)キンシャサノキセキ岩田康誠
第14回(2007)アグネスラズベリ角田晃一
第13回(2006)ビーナスライン秋山真一
第12回(2005)シーイズトウショウ池添謙一
第11回(2004)シーイズトウショウ池添謙一
第10回(2003)ビリーヴ安藤勝己
第9回(2002)サニングデール福永祐一
第8回(2001)メジロダーリング武幸四郎
第7回(2000)タイキトレジャー横山典弘
第6回(1999)シンコウフォレスト四位洋文
第5回(1998)ケイワンバイキング横山典弘
第4回(1997)マサラッキ河内洋
第3回(1996)ノーブルグラス安田富男
第2回(1995)ノーブルグラス小島太
第1回(1994)ゴールドマウンテン武豊

※94年~96年は札幌SSとして開催。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ