日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

夏競馬特集

夏競馬特集

カイザー 夏の直線王だ!!

アイビスSD(G3、芝直線1000メートル=新潟)

今週から小倉、新潟、札幌競馬が開幕する。「データの神様」は、新潟夏の名物重賞・アイビスSDの中心にカイザーメランジェ(牡4、中野)を指名した。

カイザーメランジェ
函館スプリントSを制したカイザーメランジェ

※過去10年を参照する。

【1】1番人気 1番人気馬は6勝、2着1回で、勝率60%、連対率70%と抜群の成績。ここ6年続けて1番人気が連対しており、今年も人気は信頼したい。

【2】年齢 5歳馬が4勝、2着6回、3着4回と頭数としては最も馬券に絡んでいる。4歳馬も3勝、2、3着1回ずつと活躍。今年も4、5歳馬が中心か。

【3】G3組 前走がG3だった馬が7勝、2、3着2回ずつと他を圧倒。中でもCBC賞組は5勝、2着1回で勝率23・8%だった。今年の登録馬で前走G3組はカイザーメランジェ、ビップライブリー、ラインスピリットの3頭。

【4】前走4着以内 前走着順に着目すると、前走で4着以内だった馬が7勝している。前走大敗馬より、やはり好走馬に注目したい。

【5】8枠有利(表1) 直線競馬はやはり圧倒的に外枠が有利。8枠馬が5勝、2着3回で勝率20・8%、連対率33・3%とも枠番別でダントツだ。逆に1枠馬、3枠馬は1頭も馬券に絡んでおらず、白帽、赤帽なら割引材料となる。

アイビスSD枠番別成績

【結 論】 4歳馬カイザーメランジェが重賞連勝のチャンス。前走はG3の函館SSを制し、人気も集めるだろう。外枠に入るようなら勝ち負け必至。

アイビスSD過去5年の成績

☆昨年VTR 秋山騎手騎乗の1番人気ダイメイプリンセスが重賞初勝利。中団追走から狭い馬群をさばいて差し切り。これで新潟芝1000メートルは3戦3勝と抜群の舞台相性を見せた。2着は同じ森田厩舎の3歳馬ラブカンプー。3着には伏兵ナインテイルズが入った。

☆1週前コメント

カイザーメランジェ(粕谷助手) 動きに重め感はない。前走は江田さん(江田照騎手)の好判断。周りも動けずはまった。調子の浮き沈みがないタイプ。

ダイメイプリンセス(森田師) よく動いたが、もともと調教駆けする。去年は勝ったが、特別、直線1000メートルが合うとは思っていない。1200メートルでも好走している。昨年に比べると体の張りが物足りない。

ナインテイルズ(長谷川師) CBC賞も考えたが、ここに絞って調整。息の入りも動きもすごくいい。今までは馬が緩い中で力を発揮していたが、ここにきてしっかりしている。vビップライブリー(清水久師)CBC賞(5着)は理想的な競馬ができたが上位が強かった。その後も具合はいいし、直線1000メートルに適性があってもいいと思う。外枠でも当たれば。

ラブカンプー(森田師) 併せ馬でダイメイプリンセスに遅れたが、もともと調教駆けしない。今年に入ってから成績が出ていないだけに今回もどうかな。

レッドラウダ(音無師) もともと新潟芝1000メートルで好走していたが、最近は結果が出なくなった。前走時から、あまり変わった感じもないだけにどうかな。

◆アイビスサマーダッシュ(SD)◆ 01年、新潟競馬場のコース改修に伴い、中央競馬で唯一の直線コース(芝1000メートル)の重賞競走として創設。昨年までの18回で牝馬が12勝と牡馬を上回っている。

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。