オークス特集

オークス(G1)

5月24日(日)東京競馬場2400メートル(芝)3歳オープン(牝)

オークス

データ分析

桜花賞馬に待った! こちらも無配 デゼル

オークス(G1、芝2400メートル、24日=東京)

今週のメインは3歳牝馬クラシック第2弾のオークス。「データの神様」は、過去10年の血統、前走着順、脚質、前走上がり3ハロンのタイムを分析し、2戦2勝の無敗馬デゼル(友道)を本命候補に指名。桜花賞馬デアリングタクト(杉山晴)の断然主役ムードに待ったをかける。

デゼル
デゼル

過去10年のデータを参考にする。

【1】ディープ産駒が強い 種牡馬別ではディープインパクト産駒が【4・4・3・25】(勝率11.1%、連対率22・2%、複勝率30.6%)で他を圧倒する。今年の登録馬中で他に勝ち鞍があるのはハーツクライ産駒(14年ヌーヴォレコルト)のみで【1・0・1・13】(勝率6.7%、連対率6.7%、複勝率13.3%)。祖父にディープの血を持つキズナ産駒は軽視禁物だ。

【2】前走着順(表1) 前走3着以内で見ると、やはり前走1着馬が優勢。7勝を挙げており、勝率は13.0%。連対率が22.2%で前走1着馬を上回る前走3着馬も侮れない。前走4着以下は【1・1・3・74】で連対率はわずか2.5%。前走10着馬は5頭出走で1勝(13年メイショウマンボ)しており、勝率20.0%だが、基本的には巻き返しは難しい。最低でも前走3着以内が必須条件で、中心は前走1着馬に置くべき。

表・オークス前走着順別成績

【3】脚質(表2) 脚質別で最も好成績なのは、中団から運んだ馬。8勝を挙げ、勝率9.4%もトップとなっている。後方待機馬が2勝、2着2回で、全体的には前に行く馬よりも中団以降組が優勢といえる。道中折り合いをつけてじっくり脚をため、直線で鋭く瞬発力を発揮できる脚質の馬を重視したい。

表・オークス脚質別成績

【4】前走上がり3ハロン(表3) 勝ち馬11頭(10年は1着同着)のうち8頭が、前走で上がり3ハロン34秒6以上の速い上がりを使っていた。同じく8頭が前走でメンバー3位以内の上がりをマークしていた。本番のオークスもやはり上がり最速をマークした馬が7勝と、決め手勝負の傾向が強いレースだ。末脚の鋭さが結果に直結してくる。

表・オークス前走別成績

【結 論】 全項目に当てはまるデゼルが3連勝で樫の女王に輝く。スイートピーSは後方で脚をため、大外からメンバー中断トツの上がり32秒5の目の覚めるような末脚で快勝。まさに父ディープ譲りの非凡な瞬発力を発揮した。スローな流れの中、折り合いを欠く面もなかった点から、距離延長も問題なさそう。未勝利戦、前走とも中団からやや後方に構えて差す競馬で結果を残し、当レースでは有利な脚質だ。桜花賞で抜群の決め手を見せたデアリングタクトが最大のライバル。忘れな草賞を上がり最速で制したウインマイティーも侮れない。

オークス(G1)過去10年間の成績

☆昨年VTR 1番人気ラヴズオンリーユーが4連勝で無敗のオークス馬に輝いた。直線で先に抜け出した2着カレンブーケドールを大外から猛然と追走。残り100メートル付近で並び掛け、きっちり首差先着した。勝ちタイムは2分22秒8。2着から2馬身半差の3着には、好位から流れに乗ったクロノジェネシスが入った。動画を見る

☆1週前コメント

ウインマイティー(五十嵐師) 併せてしっかり動いていたし、出来はいいんじゃないかな。使うたびに競馬がうまくなっているし、だんだん良くなっている。

ウインマリリン(手塚師) 使うたびに良くなっている。今はいい状態。距離が延びるのもいい。順調にきているのは何より。

クラヴァシュドール(M.デムーロ騎手) 1週前はいい感じ。いつもと変わりない。1600メートルは少し忙しい感じだったし、東京で走ったことがあるのはいい。

サンクテュエール(藤沢和師) 競馬を使っているし、馬は大丈夫。折り合いがつくから距離が延びるのはいい。

スマイルカナ(柴田大騎手) びっしりやりました。今回は長距離輸送もないので。具合はいいと思います。

デアリングタクト(松山騎手) 1週前は非常にいいリズムでリラックスして走れていたし、最後の反応も良かった。落ち着きもあったので、この追い切り内容なら(東京2400メートルでも)いけるかなと思う。

ホウオウピースフル(大竹師) 追い切りはよく見せるタイプではないが、この馬の動きはできている。前走は厳しい競馬になったが、一戦ごとに学んでいる。

ミヤマザクラ(武豊騎手) 1週前で初めて乗って動きは良かった。東京も経験しているし、血統的に長いところは歓迎。チャンスはあると思う。

◆オークス◆ 1938年に設立。当初は「阪神優駿牝馬」の名で秋季に阪神競馬場で実施していた。46年から現在の「優駿牝馬(オークス)」となり、舞台は東京競馬場へ。53年から春季に移行した。10年から国際競走となった。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。