次回狙おう

内にもたれて2着のロードレガリスは重賞級/仁川S

☆ロードレガリス(土曜阪神11R・仁川S2着)

気難しさを出したのか3角から激しく内へもたれていた。武豊騎手が走りを矯正するがコーナーでは加速できず。直線も右からたたいて真っすぐ走らせるのが精いっぱい。最後は内のモズアトラクションにもたれるように伸びたが、2着に上がるのがやっと。力を出し切っていない。並の馬なら掲示板(5着以内)に載っていたかどうか。課題はあるが能力は高い。まともに走れば、重賞でも勝ち負けになる。

☆アサマノイタズラ(土曜中山9R・水仙賞4着)

超スローペースで少し行きたがったため、5番手の内で折り合いに専念。3角過ぎから上がって行きたかったが、動くに動けない位置に入ってしまった。直線も狭いスペースを狙うしかなく、外めに出して加速したところがゴール。完全に脚を余した。馬体重が10キロ絞れて、状態は良くなっていただけに、もったいない競馬だった。1勝クラスなら能力上位。すぐにチャンスはくる。

☆トーセンスーリヤ(日曜中山11R・中山記念5着)

前半1000メートル57秒8の流れを、3番手で追いかけた。4角から早めに動いて勝ちにいく競馬をした分、ラストは伸びを欠いた。それでも勝ったヒシイグアスとは0秒6差。6カ月ぶりの実戦を考えれば上々の内容。以前に比べて落ち着きが出たのも収穫。直線に急坂のある中山でこれだけ踏ん張れたのは地力強化した証明だ。スローの瞬発力勝負より、速い流れが合う。ひとたたきでの上積みも見込めるし、小回りの中距離戦で狙いは立つ。

仁川S2着のロードレガリス(手前=2021年2月27日撮影)

仁川S2着のロードレガリス(手前=2021年2月27日撮影)

 [2021年03月02日]

水島晴之
水島晴之(みずしま・はるゆき)1960年(昭和35年)10月25日、東京都生まれ。0歳から東京競馬場で英才教育。カタカナを覚えるのは早かった。小3の時、競馬専門紙の「ダービー観戦記」に応募。佳作に選ばれスポーツ新聞の取材を受ける。15年後、その道へ。タケシバオー最強説を唱える。

水島晴之の競馬コラム

単複で買え 前哨戦その一瞬 勝敗その一瞬〜重賞振り返り〜

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額880円(税込)

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard VISA

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ