次回狙おう

差す形が板についたモンファボリ、上がり最速タイ33秒4で能力の高さを証明/豊明S

☆モンファボリ(土曜中京11R・豊明S4着)

控えて差す形がすっかり板についた。中団後ろで折り合い、直線は大外に持ち出して1完歩ごとに前へ迫った。上がり3ハロン33秒4は最速タイ。勝ったショウナンバニラとは0秒3差。内、外の差を考えれば勝ちに等しい内容だ。もともと能力を高く評価されていた馬。スピードのコントロールが難しく出世は遅れたが、今回の内容を見れば3勝クラス卒業は時間の問題。オープンに昇級しても十分に戦える。

☆ロバートソンキー(日曜中山11R・オールカマー2着)

スタートでつまずきかけて、思ったより後ろの位置取りになった。それでも慌てず向正面から内ラチ沿いを徐々に進出。直線は狭いスペースをこじ開けるように伸びて、坂を上がってからさらに加速した。内で粘るウインキートス、バビットをかわすと、ジェラルディーナに急接近。ゴール前の脚には迫力があった。休みが多く5歳の秋で11戦のキャリアだが、それだけ伸びしろはある。今春の天皇賞でも7着に善戦しており、長距離重賞では目が離せない存在になりそうだ。

☆ジュンブロッサム(日曜中京11R・神戸新聞杯4着)

スタートを決めて、道中は勝ったジャスティンパレスと前後する位置で流れに乗った。4角を回った時の手応えも良かったが、追われてからの反応が案外だった。この内容を見ると2200メートルは少し長いのかもしれない。それでも掲示板を確保。2着と0秒1差は能力の証明だ。大外から最速の脚で伸びたアーリントンC、レコード勝ちした出雲崎特別から、距離は1600~1800メートル向き。条件さえ合えば重賞でも勝ち負けになる。

モンファボリ(2022年8月21日撮影)

モンファボリ(2022年8月21日撮影)

 [2022年09月27日]

水島晴之
水島晴之(みずしま・はるゆき)1960年(昭和35年)10月25日、東京都生まれ。0歳から東京競馬場で英才教育。カタカナを覚えるのは早かった。小3の時、競馬専門紙の「ダービー観戦記」に応募。佳作に選ばれスポーツ新聞の取材を受ける。15年後、その道へ。タケシバオー最強説を唱える。

水島晴之の競馬コラム

匠の極意 前哨戦その一瞬 勝敗その一瞬〜重賞振り返り〜

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額880円(税込)〜

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard VISA American Express Diners Club

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ