次回狙おう

直線の不利痛かったワールドバローズ、立て直しての0秒2差は本格化の証し/京王杯SC

☆ワールドバローズ(土曜東京11R・京王杯SC4着)

久しぶりの1400メートル戦で、前半は少し置かれ気味になった。4コーナーを回った時には後方2番手。直線は馬群を割るように伸びたが、前のスカイグルーヴが内、外へふらついて2度も立て直すロスがあった。ちょうど勢いがついたところだけに悔やまれる。それでも、優勝したメイケイエールとは0秒2差。あの不利がなければ勝ち負けになっていた。ベストはマイルだが、ここへきて確実に力を付けており、このまま成長すれば重賞制覇も近い。

☆アカイイト(日曜東京11R・ヴィクトリアマイル8着)

1600メートルでは忙しかった。前半はじっくり構えて14番手。しっかりためは利いていたが、追い比べで後ろのアブレイズに差されたように、やはりマイルの爆発力という点では物足りない。とはいえ、前残りの競馬でソダシと0秒6差なら上出来だ。もともとは中距離での差し、追い込み馬。今後、2000メートル前後の重賞を使うにあたり、マイルの速い流れを経験できたのは大きい。距離を延ばして追走が楽になれば、この馬の決め手が生きる。

☆レディバグ(日曜中京11R・栗東S1着)

前半の行きっぷりは良くなかったが、馬混みに入れてゆっくり追い上げた。直線に向いて外へ出すと、一気に末脚を伸ばして、ゴール前でヴァニラアイスを捉えた。前半1000メートル57秒7のハイパースに助けられた面もあるが、最後まで集中して長く脚を使えたのは収穫だ。前の馬を抜かそうとする勝負根性に優れ、瞬発力もある。全4勝中3勝を1400メートルで挙げているが、最近はスブさが出ており1600~1800メートルでも力は出せる。

ワールドバローズ(2022年2月6日撮影)

ワールドバローズ(2022年2月6日撮影)

 [2022年05月17日]

水島晴之
水島晴之(みずしま・はるゆき)1960年(昭和35年)10月25日、東京都生まれ。0歳から東京競馬場で英才教育。カタカナを覚えるのは早かった。小3の時、競馬専門紙の「ダービー観戦記」に応募。佳作に選ばれスポーツ新聞の取材を受ける。15年後、その道へ。タケシバオー最強説を唱える。

水島晴之の競馬コラム

匠の極意 前哨戦その一瞬 勝敗その一瞬〜重賞振り返り〜

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額880円(税込)〜

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard VISA American Express Diners Club

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ