角居勝彦元調教師 Thanks Horse

リモート広まり発信しやすくなったけど 馬の魅力を感じるには実際にふれあうのが一番

<角居勝彦元調教師 Thanks Horse(19)>

コロナ禍に入ってもう2年半になります。私の調教師生活が残り1年になったあたりから始まりましたが、ありがたいことに競馬はずっと開催され、JRAの売り上げも増え続けています。インターネットで馬券を買うファンが増えたのもあるでしょう。

大きな影響としては無観客開催が挙げられます。通常なら、たくさんの人たちの歓声や目線を感じて怖がる馬も多いですが、それがなくなれば精神的に安定しやすくなります。その影響なのか、人気通りに決まるレースが増えたそうです。

今は徐々に入場制限がなくなり、お客さんの数も戻ってきました。そんな中で、最近はG1や重賞で1番人気の馬が苦戦していると聞き、興味深いことだと思いました。無観客に慣れてしまった馬にとっては、人間に見られる環境に戸惑いがあるのかもしれません。

競走馬のセカンドキャリアにも、さまざまな影響がありました。たとえば引退後に乗馬となるためのリトレーニングを受けても、セールで売る時に会場へ人を呼べなくなったことで、実際に馬を見てもらえず売却率が落ちました。今は逆にオンライン化が進み、日本全国からエントリーできるようにもなりました。

このように、コロナ禍の影響は悪いものばかりでもありません。リモート形式が広まったことで、私自身も能登半島という“日本の端っこ”から、いろいろな発信ができています。もともと人口が少ない地域なので、コロナの前も後もあまり実感がないというのはありますが・・・。

牧場でも最近はお客さんに遊びに来てもらえるようになりました。夏は馬との海遊びを楽しんでもらいましたが、気温を考えると今月中旬ぐらいで終わりなので、今度は冬の遊びを考えています。雪が多い地域でもありますから、そりを引かせられないかと思い、今はリヤカーを引いて練習をしているところです。

新しい牧場の方は来年5月のグランドオープンを目指しています。馬の魅力を感じるにはリモートよりも実際にふれあうのが一番ですから、たくさんの方々をお迎えできるように準備を進めていきます。

▼新プロジェクト「みんなのウマ」では引退馬の預託を募集中だ。角居氏は「競走馬や乗馬を引退した馬に、能登で余生を送らせたいという方がいらっしゃれば、ぜひ声をかけていただきたいです」と呼びかける。預託料は月額8万円。

タイニーズファームでは雨よけのシェルターが完成(角居氏提供)

タイニーズファームでは雨よけのシェルターが完成(角居氏提供)

 [2022年09月16日]

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額880円(税込)〜

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard VISA American Express Diners Club

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ