女性厩務員のできるまで

テレビに絶叫おひとり観戦/坂井コラム第39弾

皆様いかがお過ごしでしょうか。体調などお変わりないでしょうか。

今、日本国中「新型コロナウイルス」で大変な状態になっていますね。私も幼児がおりますし、母も病気を抱えておりますので不安に感じながら、できる対策はしておこうと日々過ごしております。

しかしながら、どこに行ってもマスクもないし、なるべく出かけずに家にこもっておりますが、マスクどころかトイレットペーパーまでなくなっていたりして、どれが正しくてどれが間違っているニュースなのかわからなくて困ってしまいます。

まあ、私の場合「トイレットペーパーがなくなる」という噂は全く知らずに、スーパーに行ったらなかったので、家にあるストックがなくなったらどうしようかねーと、スッカラカンになっている棚を見つめながらいろいろと覚悟を決めていました。どんな覚悟かはここでは書けませんが(笑い)。

そんな状況の中、コラムを書いている時に、JRAから「無観客競馬の実施」が発表されました。お昼のトップニュースにもなっていました。前日には地方競馬も無観客競馬実施を発表してはったので、JRAはどうしはるんやろう、と気になっていましたが決断されたようです。

実は別のテーマでコラムを書き始めていたのですが(8割ほど仕上がっていた)この「無観客競馬」について書かないわけにはいきませんでした。

「無観客競馬」がスタートした2月29日は、この日を最後にステッキを置かれる大好きな四位騎手の引退式も予定されていたし、翌日は引退される調教師さんの最後のレースもあります。そして、新人騎手さんたちのデビュー戦も無観客で行われることになります。

最後のレースを見届けようと思ってはったファンの方もたくさんいはったことでしょう。本当に残念ではありますが、仕方ないですね。

日本中でいろんなイベントやコンサートなども自粛していますし、学校もお休みになっています。

一刻も早くこの状態が終息にむかい日常が戻ってくること、今「コロナウイルス」とたたかっている方々が回復されることを願うばかりです

競馬関係者は「無観客競馬」であっても、みんな全力でお馬さんと騎手さんに最高のパフォーマンスをしてもらえるように仕上げていはります。

お馬さんも騎手さんも素晴らしいレースを見せてくれはることと思います。なのでしばしの間、皆様、テレビの前で全力応援しましょう。私は常にテレビの前で絶叫して幼児を泣かしていますが・・・(笑い)。

さて、「無観客競馬」なのですが、もちろん私は経験したことはありません。過去に「無観客競馬」があったようですが、(戦争中はあったように書いてある記事は読みましたが)どんな雰囲気なのでしょう。全く想像がつきません。

たまに、「スクーリング」と言って競馬場の障害コースを下見するために、平日の競馬場へ担当馬を連れていく時があります。

もちろん平日なのでお客さんはいはりません。下見なので、もちろんレースをするわけではありません。なので全く同じとは言いませんが、お客さんがいないという点では雰囲気は似ているのではないでしょうか。

関係者もお馬さんもほとんどいないので、少し物悲しかったことを思い出します。

また、「無観客競馬」ではありませんが、お客様が少なかった時にレースをした経験があります。

それは何年か前(はっきり覚えてない)の函館競馬場。その日、かの有名アーティストが凱旋ライブを行うのと、函館競馬開催が重なってしまったと記憶しています。前日からそのアーティストのライブに参加するお客さんたちが日本中から集まり街は活気づいていて、お宿は満室。競馬関係者がお宿をとりたくてもとれないような状態でした。

そんな中、レースを見に来るお客さんは多少減ったとしても、普段より少し減るくらいでそんなに変わらないだろうと私は思っていました。

が、しかしです(笑い)。当日ビックリするほど競馬場にお客さんがいはりません。

午前中のレースでは、パドックにいはるお客様は数人しか確認できませんでした。その状況にお馬さんでなく私が二度見して物見をしたぐらいでした(笑い)。

思わず「あれ、今日競馬開催してるやんな」とお馬さんをひきながらつぶやいたのを覚えています。

普段のパドックでは聞こえるお客さんの足音も、新聞をひらく「ぱさぱさ」いう音も、「あのお馬さん、たてがみ結わえてて奇麗ね」なんて声も聞こえず、とても静かな時間が過ぎていきました。

スタンドにもお客さんがほとんど見えなくて、寂しく感じたのを思い出します。

しかし、今回は本当の「無観客競馬」。実際テレビでパドックやレースを見ていると違和感がありました。

お馬さんたちが4角をまわって直線を向き追い比べをしている姿を応援してくれはるお客さんの声援が聞こえません。

粛々とレースは進んでいきますが何か寂しさを感じました。ファンの皆様がいてくれはったら、この場面はもっともっと盛り上がったやろうなと思いながら見ていました。

きっとテレビの前で私が感じている以上に現場にいた競馬関係者の方々は寂しく思わはったのではないでしょうか。

このコラムが発売される頃には、この状況が終息にむかい高松宮記念や大阪杯ではファンの皆様がたくさんいる競馬場でお馬さんたちが最高のパフォーマンスを見せてくれはる姿を想像し、願いながら・・・。

さて今回はこの辺りで。皆様お体ご自愛くださいませ。それでは、ごきげんよう。

無観客の引退式を終えて騎手仲間に感謝の一礼する四位さん。本当に残念ではありますが、仕方ないですね

無観客の引退式を終えて騎手仲間に感謝の一礼する四位さん。本当に残念ではありますが、仕方ないですね

お馬さんも騎手さんも「素晴らしいレースを見せて」とエールを贈りました

お馬さんも騎手さんも「素晴らしいレースを見せて」とエールを贈りました

 [2020年03月23日]

坂井千晃
 坂井千晃(さかい・ちあき)京都市生まれ。中学時代に競馬に出会い、高校在学時に京都競馬場乗馬センターで乗馬を始める。卒業後、北海道静内にある、へいはた牧場で3年半修業し、競馬学校に合格。04年からJRA栗東トレーニングセンター昆貢厩舎で、調教厩務員、調教助手として12年以上働き16年に退職。

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額800円(税別)

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
MasterCard VISA
ビットキャッシュでのお支払い方法
ビットキャッシュはお近くのコンビニエンスストア、インターネット、携帯電話、郵便局ATM等でお求めいただけます。詳しいウェブマネーの使い方、入手方法は、ビットキャッシュのサイトへ。
ウェブマネーでのお支払い方法
ウェブマネーはお近くのコンビニエンスストア(ローソン、エーエム・ピーエム、サンクスなど)でお求めいただけます。詳しいウェブマネーの使い方、入手方法は、ウェブマネーのサイトへ。

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。