日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

奥野庸介の海外競馬を知ろう

高岡秀行厩舎のマカナニに注目/クランジマイル

日曜はいよいよダービーですね。実際に見たことはありませんが、昔は32頭立ての年(61年ハクショウが優勝し、大外枠のハクショウが2着、62年フエアーウインが優勝、ヤマノオーとコレヒサが2着同着)もあって、まさにお祭り騒ぎだったようです。71年からは最大で28頭立てとなりましたが、それでもテレビ馬と呼ばれた自滅覚悟の逃げ馬がレースを引っ張って熱い競馬が繰り広げられました。

92年からは現在の18頭立てに制限されましたが、ダービーくらいはリミットを外して頭数を増やしてみたらどうでしょうね。海外馬券ではメルボルンカップのような多頭数でも馬券を売ることが出来ているのですからシステムに手を加えて場内やウインズで、ダービー専用のマークシートを用意すれば実現できそうですが・・・。

さて、本題の海外競馬です。週末はアジアが盛り上がっています。

シンガポール G1クランジマイル(5月25日、クランジ、芝1600メートル、優勝85万5000シンガポールドル、約6800万円)

※馬番、枠番、馬名、騎手

(1)2サザンレジェンド(香港)Z・パートン

(2)4デブトコレクター M・ロッド

(3)6ウォーアフェア D・ムーア

(4)10シンガポールスリング(香港)K・ティータン

(5)9カウントオブモンテクリスト G・ボス

(6)3ブリザード A・ドメイヤー

(7)5プレデター J・パウエル

(8)7エリートエクスキャリバー B・トンプソン

(9)1キングルイーズ V・デュリック

(10)8マカナニ M・ラーナー

まずは土曜のG1クランジマイル。日本馬が遠征するなど2000年代は存在感をアピールしていたシンガポールですが、シンガポール航空がスポンサーを降りた15年頃から競馬人気は右下がりに。シンガポールターフクラブは中断されていた2つの国際競走を今年から復活させるアナウンスをしていましたが、結局実現せず2頭の香港調教馬を招いてクランジマイルを開催するにとどまりました。

人気は昨年もこのレースを逃げ切ったサザンレジェンドと、昨年の香港ダービーでピンハイスターの2着だったシンガポールスリングが分け合っています。地元馬では2つのG1を含み4連勝中のデブトコレクターに期待が集まっていますが、注目したいのはシンガポールの競馬サークルにすっかり根を下ろした高岡秀行厩舎に所属する5歳牝馬のマカナニです。父ブラックタイド、母ヴェルセンリス(母父クリプトクリアランス)という血統の日本産馬。15年のサマーセールで落札されてシンガポールに渡り、通算成績は24戦5勝です。まだ重賞タイトルはありませんが、マイル戦を得意にしているので、そこそこの成績が望めるかもしれませんね。

香港チャンピオンズ&チャターC(G1、芝2400メートル、26日=シャティン、優勝570万香港ドル、約8550万円)

(1)8エグザルタント Z・パートン

(2)7グロリアスフォーエバー J・マクドナルド

(3)4タイムワープ K・ティータン

(4)5パキスタンスター M・チャドウィック

(5)6イーグルウェイ N・カラン

(6)2ダークドリーム J・モレイラ

(7)9ハッピーグリン(日本)服部茂史

(8)3ライズハイ C・ホー

(9)1モンゴリアンキング ユー・リスポリ

そして、ダービーと同じ日曜にはホッカイドウ競馬所属のハッピーグリン(牡4、田中淳)がチャレンジするG1チャンピオンズ&チャターCが香港で行われます。こちらの1番人気は中長距離では地元最強のエグザルタントです。前走のG1クイーンエリザベス2世Cはウインブライトにしてやられましたが、この距離は3戦して2勝、2着1回と得意。勝てば宝塚記念への参戦が実現しそうです。

対抗は転厩3戦目で、調教で復調をアピールしているパキスタンスター。この2頭の壁はかなり厚そうです。ダークホースは4歳馬のダークドリーム。G1クイーンエリザベス2世Cは道中、不利があったので7着も仕方ないところ。12月のG1香港ヴァーズもしくはG1香港Cに駒を進めるかもしれない馬なのでレースぶりをよく観察しておきましょう。

情報の少ないハッピーグリンは現地では「謎の馬」扱いで、人気は薄いようですが、入着以上の期待が出来ると見ています。

こちらの発走予定時刻は日本の午後5時5分。東京の最終レースに組まれている目黒記念(発走予定時刻は午後5時)の終了とともにスタートするので、せっかくなら競馬場の大ビジョンでレースを見たいのですが、そうはいかないようなのでHKJCのホームページにつないで応援しようと思ってます。(ターフライター奥野庸介)

※競走成績等は2019年5月24日現在。

3月から昼食をコーンフレークとバナナに変えています。紙皿が結構高い

3月から昼食をコーンフレークとバナナに変えています。紙皿が結構高い

今月の月刊「優駿6月号」の表紙は僕が撮りました!ダービーは馬券も取ります

今月の月刊「優駿6月号」の表紙は僕が撮りました!ダービーは馬券も取ります

 [2019年05月24日]

奥野庸介
奥野庸介
奥野庸介(おくの・ようすけ)1955年(昭30)北海道小樽市生まれ。79年に有限会社サラブレッド・インフォメーション・システムに入社。海外の競馬情報を日刊スポーツや週刊競馬ブックなどに提供している。現代表。

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額800円(税別)

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
MasterCard VISA
ビットキャッシュでのお支払い方法
ビットキャッシュはお近くのコンビニエンスストア、インターネット、携帯電話、郵便局ATM等でお求めいただけます。詳しいウェブマネーの使い方、入手方法は、ビットキャッシュのサイトへ。
ウェブマネーでのお支払い方法
ウェブマネーはお近くのコンビニエンスストア(ローソン、エーエム・ピーエム、サンクスなど)でお求めいただけます。詳しいウェブマネーの使い方、入手方法は、ウェブマネーのサイトへ。

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。