水島晴之「前哨戦その一瞬」

【有馬記念】ステラヴェローチェ消耗戦でもの言う末脚/水島コラム

有馬記念は連覇を狙うクロノジェネシスと3歳の雄エフフォーリアの初対決に注目が集まる。水島晴之の「前哨戦その一瞬」は3冠競走すべてで善戦し、菊花賞4着のステラヴェローチェ(牡3、須貝)を取り上げる。逃げ馬が圧勝する競馬で大外まくり。着順以上の内容を検証する。

菊花賞で4着だったステラヴェローチェ(手前右から2頭目矢印)
菊花賞で4着だったステラヴェローチェ(手前右から2頭目矢印)
 
 

乱ペースに惑わされ菊4着 距離短縮プラス

菊花賞はタイトルホルダーが、2着オーソクレースに5馬身差をつけて逃げ切った。横山武騎手はスタートから手綱をしごいて加速すると、2ハロン目に11秒1の高速ラップを刻む。速いと見せかけて、その後は徐々にペースダウン。中間の1000メートルは65秒4と極端に落とした。

この乱ペースに幻惑されたのがステラヴェローチェだ。前半は縦長の後方に位置し、2周目の向正面でペースが緩んだ時も、折り合い重視でポジションを上げられなかった。動きだしたのは残り800メートルを過ぎてから。馬群の大外を回って好位へ。ここでのレースラップは11秒7-11秒5-11秒4。この馬が11秒台前半の脚で追い上げたことになる。さすがにきつい。

直線の坂で脚が鈍る。内回りのコーナーで無理して差を詰めたツケが回った。皐月賞3着では内をすくったように器用さもあり、内枠だったら違う結果になっていただろう。ロスの多い競馬で2着と頭+鼻差なら悲観することはない。折り合いを考えると、3000メートルから2500メートルに短縮するのもプラス。もう少しいい位置が取れれば、あの5馬身差は逆転可能だ。

今回はパンサラッサを筆頭にタイトルホルダー、キセキが先行し、途中からディープボンド、エフフォーリア、クロノジェネシスあたりも早めに動く。スローの瞬発力勝負では分が悪いが、消耗戦になればしぶとい末脚が生きる。皐月賞が0秒5差、ダービーは0秒2差。エフフォーリアを物差しにすれば、首位争いに絡んでも驚かない。

クロノジェネシス悪い馬場での上位争い評価

<凱旋門賞>

日本馬にとっては馬場が悪すぎた。2400メートルで2分37秒台の決着はジャパンC(2分24秒7)より10秒以上も遅い。そんな中、2番手の積極策でラスト1ハロンまで上位争いに絡んだクロノジェネシスは評価できる。もう少し軽いコンディションなら勝ち負けになっていた。14着のディープボンドは本来の先行策が取れず見せ場なく終わった。集中力が切れた感じで参考外だ。

エフフォーリア成長を感じた強敵相手のV

<天皇賞・秋>

エフフォーリアは前にグランアレグリア、後ろにコントレイルを置く形。乗り方としては難しかったが、自分のタイミングで抜け出し、後続の追い上げを退けた。無敗の3冠馬、最強牝馬を相手に勝ちにいく競馬をして、しっかり勝ち切ったところに成長を感じた。

7着ペルシアンナイトは後方から外を回って0秒8差。スローペースで4角14番手ではさすがに厳しい。それでも上がりは33秒1の脚を使っており7歳馬だが衰えは感じない。折り合い次第でG1でもやれる。9着ユーキャンスマイル、13着モズベッロには時計が速すぎた。馬場は渋った方がいい。

シャドウディーヴァ粘りを見せた幅広がる脚質

<ジャパンC>

7着シャドウディーヴァは流れが遅かったこともあり3番手を追走した。本来の追い込み競馬ではなかったが、しまいまでよく粘った。新しい一面が見られて脚質の幅が広がった。9着アリストテレスは初めて逃げたことで戸惑っていたが、スローペースを考えると止まりすぎの印象。10着キセキはスタートが遅く最後方から向正面でまくる競馬に。あの形では苦しい。気分よく先行できるかが鍵になる。

アカイイト力をつけている

<エリザベス女王杯=1着>

後方で折り合い4角手前から大外を一気にまくった。消耗戦で長く脚を使う特長を生かした幸騎手の好騎乗。馬も力をつけている。

ペルシアンナイト前半の出方が鍵

<チャレンジC=3着>

スタートが遅く理想より1列後ろになった。向正面でも外からまくられてさらにポジションを下げる不利。最後は巻き返したが、前半の出方が鍵になる。

パンサラッサ距離克服できれば

<福島記念=1着>

前半1000メートルを57秒3のハイペースで飛ばし、そのまま後続を突き放す強い内容だった。確実に力をつけており、自分の形ができたのも大きい。2500メートルを克服できれば見せ場以上もある。

 [2021年12月21日]

水島晴之
 水島晴之(みずしま・はるゆき)1960年(昭和35年)10月25日、東京都生まれ。0歳から東京競馬場で英才教育。カタカナを覚えるのは早かった。小3の時、競馬専門紙の「ダービー観戦記」に応募。佳作に選ばれスポーツ新聞の取材を受ける。15年後、その道へ。タケシバオー最強説を唱える。

水島晴之の競馬コラム

匠の極意 勝敗その一瞬〜重賞振り返り〜 次回狙おう

1つのIDでパソコンとスマホの両方使えて、会費は月額880円(税込)〜

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard VISA American Express Diners Club

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天 ログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天会員IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天会員に未登録の方は「楽天会員に新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。

極ウマ・プレミアムTOPページを見る

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ