14日の愛チャンピオンSで4着だったディアドラ(牝5、橋田)が、次走に凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=仏パリロンシャン)を視野に入れていることが分かった。20日、橋田師が栗東トレセンで取材に応じた。

現在は凱旋門賞と、10月19日に英アスコット競馬場で行われるG1、英チャンピオンS(芝1990メートル)、英チャンピオンズフィリーズ&メアズS(芝2390メートル)の3つの選択肢があるという。師は「3つの中から選択します。すぐに決めなきゃいけないわけでもない。凱旋門賞もないわけではない。良馬場でレースをさせたいので、天気(予報)を見ながら考えたい」と話した。