プリンスオブウェールズステークスG1

大雨の中伸びす
日本代表ディアドラ(牝5、橋田)は6着に敗れた。道中は8頭立ての4番手で待機。直線で武豊騎手がゴーサインを送ったが、大雨でゆるんだ馬場もあってか伸びきれず、日本馬としてのロイヤルアスコット開催初勝利はならなかった。
世界の壁は高かった。少頭数とはいえ、凱旋門賞の上位馬をはじめ欧州の強豪がそろった一戦。ドバイ、香港と転戦し、心身とも充実していたディアドラだが、悔しい敗戦となった。武豊騎手は「結果は残念だったがタフなレースだった。遠征の連続でも馬の状態は良さそうだった。残り800メートルくらいからでもペースが緩まず(相手は)強いなと思った」と振り返った。
勝ったのはデットーリ騎手騎乗のクリスタルオーシャン。M・スタウト師は昨年のポエッツワードに続く連覇となった。2着はA・オブライエン師が送り出した1番人気(日本国内オッズ)のマジカルだった。

PDF成績海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF出馬表

海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、プリンスオブウェールズステークスのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

プリンスオブウェールズステークスが行われるアスコット競馬場について解説します。

データここをクリック

過去のプリンスオブウェールズステークスからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2018年のVTR

エミネントの単騎逃げ。ポエッツワードは1番人気クラックスマンをマークする5番手で待機する。道中は淡々と流れ、直線を向くとポエッツワードが先に抜け出した2着クラックスマンをかわし2馬身 1/4 差をつける完勝。ポエッツワードはGⅠ初制覇となった。スタウト師は91年ステージクラフト以来3勝目。ドイル騎手は13年アルカジーム以来2勝目となった。

photo写真ニュース

フィーチャー

的中情報

佐藤哲三が8日中山12Rで3連単4万6000円的中!

12月7、8日の的中実績

◆高木一成 高木一成の ざわざわ馬券(8日中山2R=馬連380円、3連単4560円)
◆三嶋毬里衣 まりえのころころ馬券(8日中山10R常総S=単勝570円、複勝170円、3連複7930円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(8日中山9Rチバテレ杯=馬単2010円、中山11RカペラS=馬単1550円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(8日中京7R=馬連2780円、ワイド990円、690円)
◆佐藤哲三 哲三塾(8日中山9Rチバテレ杯=3連単1万7180円、中山10R常総S=3連複7930円、中山12R=3連単4万6000円)


◆木南友輔 木南友輔のこの馬キナさい!(7日中京10Rつわぶき賞=馬連1230円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(7日中山10RアクアラインS=馬単6230円、中山11R師走S=馬単1830円)
◆佐藤哲三 哲三塾(7日阪神12R=3連単5360円、中山9R黒松賞=3連単7090円)