メルボルンカップG1

11月6日(火) オーストラリア・フレミントン競馬場
芝3200メートル 3歳以上ハンデ 7R

7番人気のクロスカウンター(セン3、アップルビー)がG1初制覇を飾った。序盤はランナウェイが淡々と逃げる展開を後方待機。直線入り口のコーナーワークで馬群の間をすり抜けるように大外に持ち出し、51キロを生かし直線で外から差し切った。勝ち時計は3分21秒17。3度目の優勝となったマカヴォイ騎手は「難しい時期を乗り越えて、アップルビー師が最高の状態に戻してくれた。チームでこの栄光を手にすることができてうれしい」と喜びを語った。アップルビー師は「スペースが出来てから素晴らしい伸びだった」と振り返った。英国調教馬による優勝は158回目の今年が初めて。2着マルメロ、3着アプリンスオブアランで同国調教馬が上位を独占した。

出走馬唯一の日本馬チェスナットコートは14着に終わった。道中は中団後方のインを進む予定通りの競馬。直線入り口で他馬に前をカットされる不利を受けたが、懸命に最後まで脚を伸ばした。矢作師は「4コーナーのこれから追い出そうというところでの不利がかなり決定的でした。あの不利がなければもう少し良いところまで来られたと思います」とコメントした。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、メルボルンカップのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

メルボルンカップが行われるフレミントン競馬場について解説します。

データここをクリック

過去のメルボルンカップからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2017年のVTR

アイルランドのJ・オブライエン厩舎から参戦したハンデ51・5キロ、単勝15倍のリキンドリング(牡3)が、ヨハネスフェルメール(牡4)をゴール手前でかわして優勝した。勝ちタイムは3分21秒19。2着ヨハネスフェルメールは、J・オブライエンの父であるA・オブライエン厩舎所属。息子が父を破るオブライエンワンツーとなった。3着はグレイトジャーニー産駒のマックスダイナマイト(セン7)。アイルランド調教馬が上位を独占した。L・デットーリ騎手の1番人気アルマンダンは12着だった。

photo写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
有料版 極ウマプレミアムだけのコンテンツがもっとある!
哲三塾
さおりんコンピ 記者予想 ジョッキーズルーム WIN5 会員登録はこちら
G1馬券プレゼント! 福娘 平本果那 願ったりカナったり 南でも関でも ミルコ魂 詳しくはこちら

フィーチャー

的中情報

新村記者が23日中山11R日経賞で3連単6940円的中!

3月23、24日の的中実績

◆木南友輔 木南友輔のこの馬キナさい!(24日中京9R大寒桜賞=馬連1980円)
◆柏山自夢 京大柏山の勝ち馬講座(24日中京3R=単勝280円、馬連1470円)
◆久野朗 乗れる男 久野朗(24日中京4R=3連単5130円)
◆三嶋毬里衣 まりえのころころ馬券(24日中山2R=3連複6450円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(24日中山9R両国特別=馬単820円)
◆佐藤哲三 哲三塾(24日阪神9R四国新聞杯=3連複3050円、中山9R両国特別=3連単4170円、中山10R美浦S=3連複2470円、中山12R=馬単1100円)
◆岡本光男 調教 この1頭(23日阪神11R毎日杯=単勝510円、馬連1230円)
◆松田直樹 松田直樹のウマい買い方(23日中山5R=馬連890円)
◆新村明 新村明の新剣勝負 プラスα(23日中山11R日経賞=3連単6940円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(23日中山9Rミモザ賞=馬単1610円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(23日阪神3R=3連複4920円)
◆佐藤哲三 哲三塾(23日阪神12R=3連複3810円、中山9Rミモザ賞=3連複3500円、中山11R日経賞=馬連610円)