今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三の京都記念予想は?

フィーチャー

京都記念(G2)

2月16日(日)京都競馬場2200メートル(芝)4歳以上オープン

京都記念の見どころ

ブーケドールvsジェネシス・・・女の激突!

オークス、秋華賞に加えジャパンCでも2着と、G1戦線をにぎわせてきたカレンブーケドール(牝4、国枝)と、昨年の秋華賞馬クロノジェネシス(牝4、斉藤崇)の強豪牝馬2頭がここから始動する。
ブーケドールの前走ジャパンCは、抜け出したスワーヴリチャードにしぶとく食らい付き4分の3馬身差と、負けて強しの内容。一方のジェネシスは、デビュー以来掲示板を外していない確実な末脚で、このメンバーに交じっても上位だろう。
迎え撃つ牡馬勢の筆頭はステイフーリッシュ(牡5、矢作)。前走のAJCCはブラストワンピースの2着に踏ん張った。昨年の2着馬でもあり、ここも上位を争うだろう。あとは京都が得意なドレッドノータス(セン7、矢作)、初の古馬相手も安定感抜群のクラージュゲリエ(牡4、池江)にも警戒が必要だ。

推し馬G1アンケート

極ウマ・プレミアムで募集したホープフルS「推し馬」アンケートで、勝つと思う馬は総投票数131票のうちコントレイルが79票を集めた。穴をあけると思う馬はブラックホールが32票でトップだった。

推し馬G1アンケート勝ち馬グラフ

◆勝ち馬その他 2票=ハギノエスペラント 1票=ガロアクリーク、クリノブレーヴ、ディアマンミノル、パンサラッサ、ワスカランテソーロ

推し馬G1アンケート穴馬グラフ

◆穴馬その他 4票=クリノブレーヴ、ブルーミングスカイ 3票=ゼノヴァース 2票=ディアマンミノル 1票=ガロアクリーク、ナリノモンターニュ、パンサラッサ

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

帰ってきた崖っぷちブルース

京都記念限定!あの男が帰ってくる。何度崖から突き落とされただろう、何度苦汁をなめただろう。それでもあの男は帰ってくる!たった1度の限定再登板。こん身のブルースを!