1. 注目佐藤哲三のオークス予想は?

オークス特集

オークスの見どころ

桜花賞馬不在! 勝つのは桜花賞組か? それとも・・・

5月19日、東京競馬場では牝馬クラシック第2弾・オークス(G1・芝2400メートル)が行われる。グランアレグリアがNHKマイルCを選択したため、3年ぶりに桜花賞馬不在となり、まさに大混戦の様相を呈してきた。

それでも、やはりオークスで最も良績を残している桜花賞組を上位と見るべきか。桜花賞最先着のシゲルピンクダイヤ(渡辺)は、チューリップ賞→桜花賞と連続2着。桜花賞では先行有利の流れの中、上がり32秒7という強烈な上がりで勝ち馬に迫った。折り合いがつくので距離延長も問題なさそう。現時点では主役の座に最も近い1頭と見ていいだろう。

桜花賞でピンクダイヤから首差の3着に食い込んだクロノジェネシス(斉藤崇)が続く。デビュー以来、常にトップクラスで走り続け複勝率100%をキープ。ここも大崩れは考えづらい。前走で初めて土が付いた2歳女王ダノンファンタジー(中内田)だが、グランアレグリアを追って先に動いての4着。決して力負けではない。となるとポイントは、やはり2400メートルという距離か。この時期の牝馬は能力で距離をカバーすることも多いので、折り合い面が課題となりそうだ。

台風の目となるのは、無傷の3連勝で忘れな草賞を差し切ったラヴズオンリーユー(矢作)だ。3走連続で上がり最速をマークした末脚は脅威となる。年が明けて急激に力を付けた感があるウィクトーリア(小島茂)にも要注意。上がり33秒2で差し切ったフローラSの内容は圧倒的だった。あとはフラワーCを逃げ切ったコントラチェック(藤沢和)、桜花賞で掲示板を確保したビーチサンバ(友道)、フローラSで鼻差2着だったシャドウディーヴァ(斎藤誠)など、多彩な伏兵陣からも目が離せない。

予想コラム
予想コラム

京大大学院在学中「インテリuma-joの大予想

東大卒→京大大学院在学中の頭脳派キャンパスクイーン宇田川那奈がG1レースを予想します。3連単で夢を追う彼女にのっかってみる? G1レース前夜に更新。ここをクリック

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄がG1レースを予想。的中にグングン近づいて行きます!開催週の月曜と土曜に更新。[有料]ここをクリック

調教分析
調教分析

調教捜査官・井内利彰 調教フローチャート

調教捜査官・井内利彰の新企画は、普段注目されない2週前の追い切りから理想的な調教の流れを追求する「調教フローチャート」。追い切り予想派は見逃せない!開催週の月曜と木曜に更新。[有料]ここをクリック

推し馬&ランキング
推し馬&ランキング

G1ネットアンケート「推し馬」&G1ランキング

G1レースごとに「勝ち馬」と「穴馬」を調査し、ユーザーの「推し馬」を探る人気企画。ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

オークスをコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去10年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去10年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

予想コラム
予想コラム

水島晴之「前哨戦その一瞬

ベテラン記者・水島晴之がステップレースを詳細に分析し、大一番につながる勝負のポイントを解説します。競馬歴半世紀を超える経験に裏付けされた予想に注目してください。G1ウイークの火曜更新。ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾