今週の注目レース

フィーチャー

京成杯(G3)

1月16日(日)中山競馬場2000メートル(芝)3歳オープン

データ分析

アライバル一枚上の底力

京成杯(G3、芝2000メートル、16日=中山)

恒例企画「データの神様」は、16日(日)の東西メインを分析する。中山の3歳重賞京成杯は、関東馬が活躍するデータなどから新潟2歳S2着アライバル(牡、栗田)を本命に抜てきした。

アライバル
新潟2歳S2着だったアライバル

※過去10年を参照。

【1】関東馬が有力(表A) 勝ち馬10頭中7頭が美浦所属。17年コマノインパルスから昨年グラティアスまで関東馬が5年連続勝利中。今年も関東馬に注目だ。

表・京成杯出走馬の所属別成績

【2】ハービンジャー産駒が狙い目 勝ち馬を輩出しているかつ5頭以上の出走があった種牡馬では、ハービンジャーが【2・0・1・6】と優秀な成績を残している。

【3】ノーザンファーム 生産者別の成績を見ると、ノーザンファーム生産馬が【3・5・6・23】で複勝率は37.8%とハイレベル。同生産馬が馬券圏に入らなかったのは14、17年の2回のみ。16年には1着プロフェット、2着ケルフロイデ、3着メートルダールと表彰台を独占した。同ファームには逆らえない。

【4】余裕あるローテーション レース間隔別成績では、中4~8週までの馬が【6・3・4・47】。優勝馬6頭はトップだが、9週以上の馬は【3・3・1・11】と勝率16.7%、連対率33.3%、複勝率38.9%と、すべてで上回っている。

【結 論】 4項目全てに該当したのがアライバル。デビュー戦の快勝劇や、新潟2歳S連対実績からも力は一枚抜けている。血統面から2000メートルも問題なし。主軸候補の筆頭だ。

京成杯(G3)過去5年間の成績

☆昨年VTR 1番人気グラティアスが先行策から押し切って重賞を初制覇した。スローペースとなり4コーナーでは馬群が密集。その内を突いて脚を伸ばし2馬身半差の快勝だった。2着には逃げたタイムトゥヘヴンが粘り込んだ。5番手からしぶとく立ち回った6番人気テンバガーが3着に入った。動画を見る

☆1週前コメント

アライバル(栗田師) 1週前は前の馬たちを目標に単走でいい動きだった。脚元を考えると、レースを多く使いたくないし、ここでしっかり賞金を加算したいです。

ヴェローナシチー(佐々木師) 前走後の状態は変わりない。新馬戦はちぐはぐやったけど、この馬は根性がある。

ヴェールランス(藤岡師) 前走後も順調。2000メートルあたりを中心に使っていきたいと思って、こういうローテーションになっている。

オニャンコポン(小島師) 間隔を詰めて使った方がいい馬だし、気持ちも体も緩まないように今回は調整している。

タイセイディバイン(高野師) 前回はスピードの違いで先手がとれた。中山2000メートルは合いそうな感じ。

◆京成杯◆ 1961年(昭36)創設の3歳重賞。98年まで芝1600メートルで行われた。99年以降は現行の芝2000メートル。02年だけ東京開催。中山で行われる皐月賞と同舞台で、クラシックへ向けた距離適性などを占うレース。

1つのIDで パソコンスマホ の両方使えて、会費は月額 880円(税込)〜

今すぐ登録

クレジットカードでのお支払い方法
下記の各カードでご利用いただけます。
VISA MasterCard JCB American Express Diners Club

今すぐ申し込む

● 楽天ペイ
1)下の「楽天IDでログイン」ボタンをクリックしてください。楽天ログインページが表示されます。
2)すでに楽天IDを取得済みの方はIDとパスワードを入力してログインしてください。楽天IDに未登録の方は「楽天IDに新規登録して(無料)サービスを利用する」ボタンをクリックすると入会フォームを表示します。
3)購入ページで「購入する」ボタンをクリックすると購入手続きに入ります。
● プロバイダ料金と一緒にお支払い
1)ご利用のプロバイダを以下より選択してください。各プロバイダ用のTOPページが表示されます。
2)TOPページにある入会/登録/購読申し込み(プロバイダによって表記は異なります)よりコンテンツ購入の手続きに入ります。
  • BIGLOBE

極ウマ・プレミアム紹介TOPページを見る