調教進み仕上がり早い おじにスワーヴリチャード/カレンオプシス20

カレンオプシスの20

父デクラレーションオブウォー、牡、2月25日生まれ、馬体重481キロ、平田厩舎入厩予定

母は芝で2勝し、きょうだいにはG1・2勝スワーヴリチャードなどがおり、本馬のおじにあたる。父は米国産のアイルランド調教馬。英インターナショナルSなどのG1を制し、芝1600メートル~2000メートルを得意としていた。産駒はダートの活躍馬が目立つ。

ノーザンファーム空港の石川裕康さん「ハロン14秒まで調教は進んでいます。3月下旬から4月くらいの早めの移動を考えています。芝でおろすかダートでおろすかというのがあると思いますが、まずは芝でもいいのではと先生も話されていました」

※取材は3月17日