体力すごく、張りある馬体でのびしろ十分/ラドラーダ20

ラドラーダの20

ロードカナロア、牝、1月28日生まれ、馬体重446キロ、栗田厩舎入厩予定

きょうだいには17年ダービーなどG1・2勝のレイデオロ、エプソムCを勝ったレイエンダなど活躍馬がズラリと並ぶ。曽祖母にはディープインパクトやブラックタイドの母ウインドインハーヘアがおり、それらとは近親関係に当たる。全兄であるソルドラードは芝で1勝、ダートで2勝を挙げ、現在3勝クラス。芝、ダートを問わず活躍している。母の産駒はこれまですべて今年2月末に引退した藤沢和師が手掛けてきた。

ノーザンファーム空港の鈴木厩舎長「コロンとした体形ですが、動かすと伸びやかな走り。体力がすごくあって初めから他より息が上がらなかったです。トモの緩さはありますが、張りのある馬体でのびしろがありますね。移動は秋の予定です。今は走りのバランスや持っている体力を強化していきたいと思っています」

※取材は3月17日