長距離向きも広いコースならマイルでも/ラキシス20

ラキシスの20

エピファネイア、牡、3月2日生まれ、馬体重524キロ、辻野厩舎入厩予定

母は瞬発力にたけ、エリザベス女王杯、大阪杯(当時G2)などを制覇。近親には安田記念を勝ったサトノアラジンや福島牝馬Sで2着の実績があるフローレスマジックなどがおり、血統背景からも鋭い切れ味がイメージできる。

ノーザンファーム空港の木村厩舎長「調教を進めて良くなっています。ボリュームや幅が出て付くべきところに筋肉が付いてきました。動きには力強さが加わってきてスピードも感じます。自我の強い子なので悪い方にいかなければいいですね。距離は長い方がいいと思いますが、広いコースならマイルでもいいと思います。思ったより馬の成長がよく、いい状態に持って来られていますね。5月くらいの移動も視野に入れています」

※取材は3月17日