コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【小倉12R/帆柱山特別】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は71+66+65=202。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。データが示す通り、このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ6~8位あたりが狙い目となる。

コンピ6~8位の中から1番期待できそうなのは、コンピ6位(54)のスパイチャクラ。近走は7,6,13,7着と大敗続きに見えるが、着差は最大0.6秒と着順ほど負けていない。ハンデ戦でこの斤量なら、十分逆転できる範囲だろう。また小倉芝1200メートルはこれまで9戦して3連対という成績。掲示板前後の成績も多く、ここは得意としている舞台だ。コンビで1戦1勝の藤岡康太騎手を背に、近走のリベンジを果たしてもらいたい。

続いてコンピ7位(53)のアドマイヤスカイを推す。当馬も近走の成績は一息だが、4走前に当該コースで0.1秒差の4着に好走している。また2年前にも連対した実績があり、ここは特に相性の良いコースと言えるだろう。芝1200メートルの持ち時計は、オフクヒメに続いてメンバ―中2位と優秀。ここで一気に覚醒して、突き抜けても不思議ない条件だ。

最後はコンピ8位(52)のシュエットヌーベル。ダートから芝に替えて出世したタイプで、ダート王だったスマートファルコンの産駒としては、かなり異質な存在。前走は"行った行った"の展開に泣いて10着に敗れたが、それでも上がり3位と見せ場は作った。さらに今回は5戦して4,3,1,2,8着と、相性の良い西田雄一郎騎手に手が戻る。前走の巻き返しのチャンスは十分あるだろう。

今回は(6)(10)(14)の単勝を狙う。馬連なら(9)-(6)(10)(14)の3点。