コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【京都12R/1000万下】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は72+65+63=200。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。データが示す通り、このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ6~8位あたりが狙い目となる。

コンピ6~8位の中から1番期待できそうなのは、コンピ6位(56)のコンクエストシチー。近4走すべてのレースで、メンバー中3位以内の上がり3ハロンタイムで走っているように、末脚に自信のあるタイプ。さらに4走中3走が当該コースを走ったもので、成績は2,1,3着と抜群のコース適性を誇っている。ここはどう考えても、上位争いに絡むだろう。7歳と高齢でも、まだまだ侮れない存在で、きっちりマークしておきたい。

続いてコンピ7位(54)のヒップホップスワンを推す。前走は当該コースで0.7秒差の5着に敗れたが、終始外めを回るロスが響いた形だ。2走前には当該クラスで0.1秒差の2着。このクラスで上位争いをできるレベルなのは確実。また当該コースで500万条件を突破している実績もあり、コースの適性もまったく問題ない。中枠からスッと先行できれば、押し切るシーンが見られそうだ。

最後はコンピ8位(53)のワンダーアマービレ。芝とダートを交互に使われている馬だが、成績は圧倒的にダートの方が良い。3走前に新潟のダートで500万条件を勝ち上がると、次走は京都の芝1200メートルを使って14着に大敗。そして前走は阪神ダート1400メートルに戻して0.3秒差の5着と、上位争いに食い込む活躍をしている。素直にダートを使っていればと思うローテーションだが、芝での凡走が目立って、ここは配当妙味がありそうだ。

今回は(7)(10)(14)の単勝を狙う。馬連なら(9)-(7)(10)(14)の3点。