コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【新潟12R/寺泊特別】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は69+67+66=202。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。データが示す通り、このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ6~8位あたりが狙い目となる。

コンピ6~8位の中から1番期待できそうなのは、コンピ6位(54)のショウナンサスケ。新潟芝1600mはこれまで4戦して1,1,3,7着という素晴らしい成績。7着に敗れたのは昨年の当該レースだが、5番手から抜け出して先頭に立ったところに、後方待機組の猛追にあった格好だ。先行馬には厳しい流れでの敗戦で、気にする必要はないだろう。今回はロスなく運べる内枠に入ったため、最後までしっかり脚を伸ばせるはずだ。上位争いを期待したい。

続いてコンピ7位(52)のキャスパリーグを推す。近走はスプリント戦で好成績を収めているが、マイル戦で連対した経験もあり、距離はまったく心配する必要がない。また当該コースでの実績も乏しいが、過去に新潟芝1400mで2着していて、コース適性も問題ないだろう。後方から一気のスタイルであるため、わずかに届かないレースが多いが、直線の末脚は確実。直線の長い新潟の外回りコースなら、まとめて差し切るシーンまでありそうだ。

最後はコンピ8位(51)のドラグーンシチー。2走前の八丈島特別では、今回騎乗する丸田恭介騎手を背に0.1秒差の3着。前走の御在所特別で7着に敗れたため、今回は評価を落としそうだが、実際はこのクラスで通用する能力の持ち主だ。また春先にはファルコンSに出走して、0.6秒差の9着と同世代のスピード自慢たちと互角に渡り合った経験を持つ。今回のメンバーなら勝ち負け必至だろう。

今回は(1)(2)(15)の単勝を狙う。馬連なら(8)-(1)(2)(15)の3点。