テクニカル6は「バージョンα」へとリニューアルしました。パターン別で軸馬と相手馬を推奨するニュースタイルをお楽しみください。

コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【京都12R/西陣S】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は74+67+61=202。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ4~6位を中心に、コンピ4~14位へと手広く狙っていきたい。

コンピ4~6位の中から1番期待できそうなのは、コンピ4位(60)のシアーライン。京都ダート1200メートルは2走前に経験して0.1秒差の4着。昇級初戦で人気落ちしていたが、舞台適性を生かして勝ち馬に半馬身差まで迫る強い競馬をした。能力的に3勝クラスで勝ち負けできる存在なのは確実だ。また今回騎乗するルメール騎手とは、これまで10回コンビを組んで3着以内が7回と好相性。このメンバーなら圧勝してもおかしくない。

続いてコンピ5位(59)グロワールシチーを推す。3勝クラスに昇級してから3,3,8,2着と、常に上位争いを演じている馬。ハナにはこだわらないタイプだが、前々で競馬できれば高い確率で馬券に絡んでくるはずだ。また今回は来日した初日から、東京スポーツ杯2歳Sを制したムーア騎手が騎乗するのも大きな強み。馬の能力が2段階レベルアップすると言っても過言ではない。ここはチャンスのタイミングだろう。

最後はコンピ6位(58)のバーニングペスカ。この馬は京都ダート1200メートルの鬼で、これまで6戦して2,2,1,2,1,7着という成績。前走の藤森Sではじめて連を外した格好だが、相手がそろっていただけに仕方のない結果だろう。今回は相手関係も幾分楽になるので、前走の敗戦は問題ないと評価したい。使いつつ良くなるタイプで、たたき3走目の今回は大きな上積みが見込める。そろそろ人気を落としそうで、馬券的に面白い存在だ。

今回は馬連で(3)(7)(10)-(1)(2)(3)(4)(5)(7)(10)(12)(13)(14)(15)の27点。

馬連多点買いの当たる確率は5回に1回ほどですが、穴狙いなので高配当を期待できます。買い目点数が多いと感じる場合は、軸馬を1~2頭に絞ってお好みの点数に調整してください。