【宝塚記念】春G1最後の予想です 崩れないディープボンドが本命、大外のポタジェが対抗

<高田秋のほろ酔いG1予想>

こんにちは、高田秋です! 高松宮記念からスタートした「ほろ酔いG1予想」も、いよいよ今回の宝塚記念で春は最後です。私のYouTubeチャンネル「高田秋のほろ酔い気分」で日刊スポーツの記者さんと予想対決をしていますが、ここまで2勝2敗。このレースでしっかり勝ち切りたいと思います!

今回は東京・調布にある「土と青」さんでの予想です。このお店、入った瞬間においしい料理のお店というのが分かりました。最終回にふさわしい料理とお酒で、しっかり予想して的中させます!

◎はディープボンドです。直前追い切りの動画を見ました。和田竜騎手が乗って、ものすごく迫力のある動きだなあと思ったんです。あと日刊スポーツの追い切りの記事を読んで、今とても充実しているのが分かりました。とにかく崩れないのが魅力の馬ですよね。昨年の有馬記念では2着に好走して、今回人気を集めるタイトルホルダーに先着しているし、ここでも差のない競馬をしてくれるはず、と思っての本命です。

対抗は・・・。実は最後の最後まで悩みました。私がずっと推していたポタジェ。大阪杯では本命から外したのですが、そこでポタジェが勝ちました。あの予想がずっと尾を引いています。今回こそはと思ったのですが、まさかの大外(18)。確かに宝塚記念はピンク帽が来る印象はありますが、過去20年までさかのぼっても18頭立てのレースで(18)は勝ってません。なので本命ではなく対抗にしました。

馬券は(15)の単複。そして3連複は(15)1頭軸で(18)(12)(1)(4)(6)(7)です。読者のみなさん、この春のG1予想を読んでくださりありがとうございました。またいつか紙面で予想したいなあ。高田秋でした!

【高田秋の宝塚記念予想】 

◎(15)ディープボンド

○(18)ポタジェ

▲(12)ウインマリリン

☆(1)オーソリティ

△(4)エフフォーリア

△(6)タイトルホルダー

△(7)デアリングタクト

◆高田秋(たかだ・しゅう) 1991年(平3)9月23日、北海道江別市生まれ。モデル、タレント。17年からBSイレブン競馬中継の土曜MCを担当。BS-TBSの「町中華で飲ろうぜ」では町中華ねえさんとして活躍。「おいひぃ~」の決めゼリフで人気。この春のG1はYouTubeの「高田秋のほろ酔い気分」で、宝塚記念まで日刊スポーツの競馬担当と予想対決を展開した。

春G1最後の宝塚記念を予想する高田秋
春G1最後の宝塚記念を予想する高田秋
高田秋の宝塚記念の予想
高田秋の宝塚記念の予想