内にもたれて2着のロードレガリスは重賞級/仁川S

☆ロードレガリス(土曜阪神11R・仁川S2着)

気難しさを出したのか3角から激しく内へもたれていた。武豊騎手が走りを矯正するがコーナーでは加速できず。直線も右からたたいて真っすぐ走らせるのが精いっぱい。最後は内のモズアトラクションにもたれるように伸びたが、2着に上がるのがやっと。力を出し切っていない。並の馬なら掲示板(5着以内)に載っていたかどうか。課題はあるが能力は高い。まともに走れば、重賞でも勝ち負けになる。

☆アサマノイタズラ(土曜中山9R・水仙賞4着)

超スローペースで少し行きたがったため、5番手の内で折り合いに専念。3角過ぎから上がって行きたかったが、動くに動けない位置に入ってしまった。直線も狭いスペースを狙うしかなく、外めに出して加速したところがゴール。完全に脚を余した。馬体重が10キロ絞れて、状態は良くなっていただけに、もったいない競馬だった。1勝クラスなら能力上位。すぐにチャンスはくる。

☆トーセンスーリヤ(日曜中山11R・中山記念5着)

前半1000メートル57秒8の流れを、3番手で追いかけた。4角から早めに動いて勝ちにいく競馬をした分、ラストは伸びを欠いた。それでも勝ったヒシイグアスとは0秒6差。6カ月ぶりの実戦を考えれば上々の内容。以前に比べて落ち着きが出たのも収穫。直線に急坂のある中山でこれだけ踏ん張れたのは地力強化した証明だ。スローの瞬発力勝負より、速い流れが合う。ひとたたきでの上積みも見込めるし、小回りの中距離戦で狙いは立つ。

仁川S2着のロードレガリス(手前=2021年2月27日撮影)
仁川S2着のロードレガリス(手前=2021年2月27日撮影)