出遅れ→大外回って5着のマイネルクリソーラ重賞制覇のチャンスは近い/中山記念

☆マイネルクリソーラ(日曜中山11R・中山記念5着)

ゲートの中で頭を上げた時にスタートを切られ1馬身出遅れた。道中は後方3番手を追走。3コーナーから馬群の外を回って追い上げるロスの多い競馬になってしまった。それでも直線はソールオリエンスを追うようにジリジリ末脚を伸ばし掲示板を確保した。本来は好位で競馬するタイプだけに、今回の位置取りはかなりのハンディだが、それでも大崩れしなかったように力を付けている。この内容なら重賞制覇のチャンスは近い。

☆スズハローム(土曜中山11R・幕張S10着)

好スタートを切るも控えて後方待機。最近はこの戦法で結果を出しており、位置取りとしては悪くなかったが、仕掛けてからの反応がひと息。直線に向いた時はすでに余力がなく、本来の末脚は影を潜めたまま。まったくいいところがなかった。敗因としては稍重で少しパワーを必要とする馬場、もしくは長距離輸送で8キロ減った影響があったのかもしれない。能力はあるので条件替わりで見直したい。

☆ショウナンバシット(土曜阪神11R・仁川S9着)

初ダートでどうかと思ったが、内でキックバックを受けても嫌がらず、いい感じで3コーナーから先行集団へ取りついた。直線も内ラチ沿いをしっかりと伸びたが、坂を上がっていっぱいになった。結果は9着と良くないが、勝ち馬とはわずか0秒6差。砂適性はあり慣れてくればもっといいパフォーマンスが見せられると思う。今後、どの路線で勝負するかは分からないが、もう一度ダートでの走りを見てみたい。

中山記念に出走したマイネルクリソーラ(2024年2月25日撮影)
中山記念に出走したマイネルクリソーラ(2024年2月25日撮影)