ルメールがスタートから15秒で読んだ前崩れの流れ

<坂口正大元調教師のG1解説>

<フェブラリーS>◇21日=東京◇G1◇ダート1600メートル◇4歳上◇出走16頭

スタートから15秒ほど、1ハロンを過ぎたあたりでした。ルメール騎手はカフェファラオをじわーっと好位へ下げました。ハナに行けるくらいの好スタートを決め、実際に行ってもいいタイプの馬ですが、周りの出方を見て下げました。

前後半800メートルずつのラップは46秒5-47秒9。前半が1秒4も速い、ハイペースでした。前日から前残りが目立った東京ダートですが、結果的に1列目の馬は勝ち負けに加われていません。ルメール騎手の頭には、遅ければ行く考えも当然あったと思いますが、わずか15秒ほど、いわばスタートして瞬時に、前崩れの流れを読んだのでしょう。それが最大の勝因でした。

カフェファラオはこれまでの戦績から、もまれ弱い面があり、果たして内枠はどうかと思いましたが、問題なかったですね。チークピーシズやクロス鼻革といった馬具を工夫し、実際に着けて調教し、鞍上がいいと判断して着けたままでレースに臨みました。効果があったのでしょう。さすがはG1常連の堀厩舎です。

くしくも21日の未明に、2頭の日本馬がサウジアラビアで勝利を飾りました。芝だけでなく、日本のダート馬も間違いなく世界レベルに達しています。4歳のカフェファラオも当然、これから世界で戦う1頭になるでしょう。楽しみです。

2着のエアスピネルは、鮫島駿騎手が速い流れの中でしっかり脚をため、末脚を存分に引き出しました。もともとクラシックで活躍した素質馬ですし、ダート適性もあったのでしょう。8歳ですが、1年の休養も経験しており、まだまだ馬は若いですね。3着ワンダーリーデルも8歳馬。末脚はいつも確実で、展開がはまればここまで来るだけの脚があったということです。(JRA元調教師)

フェブラリーSを制したカフェファラオとC・ルメール騎手(撮影・丹羽敏通)
フェブラリーSを制したカフェファラオとC・ルメール騎手(撮影・丹羽敏通)