香港国際競走へ向けトライアル開催、前哨戦の見どころ紹介

来月12日の香港国際競走に向けてのトライアルが21日にシャティン競馬場で行われます。トライアルはあくまでも脚慣らしとする陣営もあれば、ここで好成績を挙げてG1戦につなげようともくろむ陣営もあり。それぞれの前哨戦の見どころを紹介したいと思います。

<ジョッキークラブスプリント(G2、芝1200メートル)>

馬番(枠番)馬名 性齢 重量 騎手 調教師

◎1(3)ホットキングプローン セン7 58 V・ボルヘス J・サイズ

○2(7)ウェリントン セン5 58 A・バデル R・ギブソン

3(1)スカイフィールド セ5 56 B・シン C・ファウンズ

4(8)コンピューターパッチ セン5 56 K・ティータン A・クルーズ

5(4)アメイジングスター セン7 56 M・チャドウィック K・ティン

6(2)ストロンガー 牡5 56 C・ホー D・ホワイト

▲7(10)ラッキーパッチ セン5 56 C・チャウ K・ルイ

8(5)スーパーウェルシー セン6 56 C・スコフィールド D・ヘイズ

☆9(6)クーリエワンダー セン4 56 J・モレイラ J・サイズ

10(9)ナブーアタックセン5 56 Z・パートン D・ヘイズ

中心は8カ月ぶりの実戦となるホットキングプローンでしょう。昨年のこのレースに勝って人気で臨んだG1香港スプリントは中団のままダノンスマッシュの7着で入線。年明け1月のセンテナリースプリントCで待望のG1タイトルをつかみましたが、その後はオープン戦で5着した後、休養に入りました。レーティングはメンバー中トップの126。収穫のある競馬をして本番につなげたいところです。逆転候補は4月のG1チェアマンズスプリントプライズでダノンスマッシュを6着に退けたウェリントンです。まだむらはありますが、強靱(きょうじん)な末脚は本番でも脅威。2頭に食い込むとすれば今シーズン2、3、1着、前走のG2プレミアボウルで重賞ウイナーとなったラッキーパッチ。それとデビューから5連勝で挑んだプレミアボウルで5着に敗れた“次世代エース”のクーリエワンダーの巻き返しにも注目です。

<ジョッキークラブマイル(G2、芝1600メートル)>

馬番(枠番)馬名 性齢 重量 騎手 調教師

◎1(7)ゴールデンシックスティ セン6 58 C・ホー K・ルイ

☆2(4)ワイクク セン6 58 Z・パートン J・サイズ

3(1)サザンレジェンド セン9 56 B・シン C・ファウンズ

▲4(3)モアザンディスセン5 56 M・プーン C・シャム

○5(5)スカイダルシ セン5 56 J・モレイラ C・ファウンズ

6(2)チャンピオンズウェイ セン6 56 K・ティータン J・サイズ

7(6)プレシャスシップ セン6 56 H・ベントレー P・イウ

サイレントウィットネスの17連勝超えに挑むゴールデンシックスティが今シーズン初登場です。現在14連勝中。ここでは負けられません。格ではG1馬のワイククやサザンレジェンドですが、ともに永遠の中堅で固まってしまった印象。ならば香港ダービー馬のスカイダルシや、4月のG1チャンピオンズマイル(首差2着)でゴールデンシックスティーを苦しめたモアザンディスの5歳勢に魅力を感じます。

<ジョッキークラブカップ(G2、芝2000メートル)>

馬番(枠番)馬名 性齢 重量 騎手 調教師

◎1(4)パンフィールド牡5 58 K・ティータン A・ミラード

2(6)カーインスター セン6 56 M・チャドウィック A・クルーズ

○3(5)コロンバスカウンティ セン6 56 J・モレイラ C・ファウンズ

▲4(3)グロリアスドラゴン セン6 56 Z・パートン K・ルイ

☆5(1)ロシアンエンペラー セン4 56 B・シン D・ホワイト

6(7)サヴィナイン セン5 56 H・ベントレー D・ホワイト

7(2)リライアブルチーム セン6 56 K・リョン F・ロー

2000メートルのG1香港カップと2400メートルのG1香港ヴァーズの前哨戦を兼ねるジョッキークラブカップ。中心は5月のG1チャンピオンズ&チャターカップ(芝2400メートル)と10月のG2シャティントロフィー(芝1600メートル)を連勝するパンフィールドです。生まれ故郷の南米チリで3つのG1を含む4勝(5戦)。前シーズンで引退したエグザルタントに代わって、地元の中長距離界を担う逸材です。ここで結果が出せれば向かうは香港カップでしょうか。チャンピオンズ&チャターカップで2着したコロンバスカウンティ、2000メートル戦で勝ち鞍のあるグロリアスドラゴンはともに父が長距離系で、結果いかんで香港ヴァーズへ。香港移籍後の勝ち鞍はありませんが、香港ダービーでスカイダルシの頭差2着したロシアンエンペラーは筆者の秘密兵器(?)。困ったことにむらでいつ走るかわかりません。ここでの結果にかかわらず本番(香港ヴァーズ)でも狙おうと思っています。

(ターフライター奥野庸介)

※競走成績等は2021年11月19日現在。

街でみかけたヴィンテージハウス!
街でみかけたヴィンテージハウス!
街でみかけたワイルドボア!
街でみかけたワイルドボア!