この愚を繰り返さない!香港国際競走を振り返る

日曜に行われた香港国際競走。個人的には散々な1日でした。自分が損をしたのはどうでもいいとして、まず謝らなければならないのは、予想をあてにしてくれた皆さまに対してです。心より申し訳なくおわびしたいと思います。香港の前哨戦のレベルを過大評価して予想を立てるときの基礎を間違えたようです。

G1香港スプリントの直線でホットキングプローンが行き場所を失って馬券圏内から消えた時に何か嫌な予感がよぎったのですが、それぞれのレースの有力馬に騎乗したジョアン・モレイラ騎手のバイオリズムも最悪でした。

次の機会・・・恐らく来年のドバイWC開催・・・では必ずや巻き返したいと思います。この愚を繰り返さない!という反省を込めて馬券発売された3つのレースを振り返ります。

◆香港スプリント(G1)

◎のホットキングプローン(7着)の敗因は前述の通りです。勝った☆ダノンスマッシュは4番手評価でしたが、父ロードカナロアをほうふつさせる鮮やかな勝ちっぷりでした。メンバー中唯一のG1勝ち馬で差せる脚のある○タワーオブロンドン(13着)をダノンスマッシュより上に評価したのですが、こちらはどうしたわけかまったくの不発。馬も引退に気づいていたのか競走に前向きでなかったようです。2着して大穴をあけたジョリーバナーはここまで45戦していた9歳馬。1200メートル戦とG1での実績も乏しく年齢からも狙いづらい馬でした。人気を集めた▲クラシックレジェンド(11着)は戦前に危惧したように最内スタートで流れに乗れませんでした。この馬とホットキングプローンについては次走に注目したいと思います。

香港短距離戦線は混戦模様であることは違いありません。地元馬は年明け1月24日のセンテナリースプリントカップ(G1、芝1200メートル、シャティン)で仕切り直しとなります。

◆香港マイル(G1)

◎ゴールデンシックスティの走りはほぼ予想通りでした。○ワイクク(4着)はパドックの映像で見る限り、問題ないように見えましたが、いざふたを開けてみると長期休み明けの「負」の部分が出てしまったようです。これが引退レースとなった▲アドマイヤマーズ(3着)も頑張りましたが、今年は相手が強かったとしか言いようがありません。2着に追い上げたサザンレジェンドは近走の成績がもの足らず軽視しましたが、4月のチャンピオンズマイル(G1、芝1600メートル、シャティン)でビューティージェネレーションに勝っていた馬。ここまで手が回りませんでした。

ゴールデンシックスティの進路は明らかにされていませんが、このままマイル路線を選択すれば次は1月24日のスチュワーズカップ(G1、芝1600メートル、シャティン)が有力。距離もこなす馬なので、これを起点にして2月21日の香港ゴールドカップ(G1、芝2000メートル、シャティン)と5月23日のチャンピオンズアンドチャターカップ(G1、芝2400メートル、シャティン)で構成される「香港3冠シリーズ」に狙いを定めることもありそうです。

◆香港カップ

3頭の日本馬の中で最も重視した○ノームコアの優勝はある程度、イメージしていましたが、予想外だったのは◎フローレ(5着)の走りです。近2走はエグザルタント(香港ヴァーズ2着)を相手に連勝と、本格化をアピールしていたので強敵相手でも3着まではと思っていましたが、逃げるタイムワープ(8着)を深追いしてしまったのか、ゴール手前で息が入らなくなって上位4頭にのみ込まれてしまいました。☆ウインブライトは前年覇者の意地を見せて2着を確保。シーズン終盤の欧州牝馬で、危ない人気馬という見方を示した△マジカルが▲ダノンプレミアム(4着)をおさえて3着。マジカルは来シーズンも現役を続けるということです。

殊勲のノームコアも現役を続行する模様。次走候補は3月のドバイターフ(G1、芝1800メートル、メイダン)か4月の大阪杯(G1、芝2000メートル、阪神)でしょうか。

一方、香港の2000メートル路線は2月21日の香港ゴールドカップ(G1、芝2000メートル、シャティン)から4月25日に行われる国際競走のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、シャティン)へと続きますが、中長距離路線の2枚看板であるエグザルタントとフローレの状態は今回のレース結果を見る限りいまひとつのようです。

ゴールデンシックスティが選ぶ進路いかんですが、来春、日本馬がクイーンエリザベス2世Cに遠征すれば勝機がありそうです。(ターフライター奥野庸介)

※競走成績等は2020年12月18日現在。

3冠記念の特注品をいただきました。使えません(;_;)
3冠記念の特注品をいただきました。使えません(;_;)
六本木ヒルズで気になるモニュメント。いただきたい!(^^)!
六本木ヒルズで気になるモニュメント。いただきたい!(^^)!