凱旋門賞つながる重要レース開催、本番へ注目馬は?

「ここと思えばまたあちら」ってね。逃げ馬が大外枠を引いたから凶! と思うじゃないですか(笑い)。勝つ流れのときは、そんなことは関係ない! っていうのがケンタッキーダービーの教えでした。

オーセンティックも決して順調にきたわけではありませんが、他の馬は気迫にのまれたというか、簡単に先頭を譲って結果的には自由自在の1人旅。大外枠っていうだけで嫌ってはいけませんね。反省。

さて、今週末は欧州で凱旋門賞につながる重要レースが行われます。

土曜にアイルランドのレパーズタウン競馬場で行われる愛チャンピオンS(G1、芝2000メートル)は6頭立てになりました。注目は今年に入って4連勝中の逃げ馬ガイヤース(牡5、父ドバウィ)とフランスからわざわざ遠征してくるソットサス(牡4、父シユーニ)です。勝つのは前者だと思いますが、恐らく次に走るであろう凱旋門賞を想像して、逃げっぷりに注目します。

一方、後者は地元のG2フォワ賞を捨てての参戦。よほど調子が良いのかもしれません。昨年の凱旋門賞は最後に良い脚を使って3着。こちらもレースぶりを見守りたいと思います。

◆愛チャンピオンS(G1、芝2000メートル、12日=レパーズタウン)※馬番、枠番、馬名(父)性齢、騎手、調教師 オッズ

(1)(3)ガイヤース(ドバウィ)牡5、W・ビュイック C・アップルビー 1・9

(2)(2)ジャパン(ガリレオ)牡4 R・ムーア A・オブライエン 5・0

(3)(4)レオデフューリー(オーストラリア)牡4 S・フォーリー J・ハリントン夫人 67

(4)(1)ソットサス(シユーニ)牡4 C・キーン JCルジェ 9・0

(5)(5)マジカル(ガリレオ)牝5 S・ヘファナン A・オブライエン 5・0

(6)(6)アーモリー(ガリレオ)牡3 W・ローダン A・オブライエン 34

日曜のパリロンシャン競馬場では牝馬限定のヴェルメイユ賞(G1)、古馬によるフォワ賞(G2)、例年なら7月半ばに行われている3歳限定のG1パリ大賞が行われます。いつも、この週に行われるG2ニエル賞はパリ大賞の移動に伴って今年はなくなりました。

ヴェルメイユ賞は11頭立て。主役は凱旋門賞でも穴人気になりそうなラービア(牝3、父シーザスターズ)です。8月1日に行われたG3プシケ賞を完勝。秋が近づくにつれて素質の良さが出てきました。近親には英牝馬2冠馬のミッドウェイレディーがいて、競馬ぶりが注目されます。

◆ヴェルメイユ賞(G1、芝2400メートル、13日=パリロンシャン)※馬番、馬名(父)性齢、騎手、調教師 オッズ

(1)グランドグローリー(オリンピックグローリー)牝4 G・ビエトリーニ 13・0

(2) ターナワ(シャマーダル)牝4 D・ヴェルド 13・0

(3)マシャエル(ドバウィ)牝4 A・ファーブル 51・0

(4)マジックワンド(ガリレオ)牝5 A・オブライエン 10・0

(5)デームマリオット(シャンゼリゼ)牝4 E・ヴォーン 8・0

(6)ヴァリア(シーザスターズ)牝3 A・ドゥロワイエデュプレ 13・0

(7)ラービア(シーザスターズ)牝3 JCルジェ 2・25

(8)アルカンドラ(ナサニエル)牝3 A・ファーブル 21・0

(9)ラーバァナム(ガリレオ)牝3 A・オブライエン 21・0

(10)イーブンソー(キャメロット)牝3 G・リオンズ 4・33

(11)ワンダフルトゥナイト(ルアーブル)牝3 D・メヌィザー 21・0

凱旋門賞をめざす古牡馬の前哨戦のフォワ賞は6頭立て。ここでの注目はエネイブルと同じJ・ゴスデン厩舎のストラディバリウス(牡6、父シーザスターズ)です。近年屈指の長距離王が、凱旋門賞に向けてどんな競馬をするかが、見物です。

◆フォワ賞(G1、芝2400メートル、13日=パリロンシャン)※馬番、馬名(父)性齢、騎手、調教師

(1)ウェイトゥパリス(シャンゼリゼ)牡7 A・マルチアリス

(2)スカイワード(キャメロット)牡4 F・シャペ

(3)アンソニーヴァンダイク(ガリレオ)牡4 A・オブライエン

(4)ストラディバリウス(シーザスターズ)牡6 J・ゴスデン

(5)ナガノゴールド(シックステイィーズアイコン)牡6 V・ルカ

(6)ジヤド(ロックオブジブラルタル)牡5 C・ラフォンパリアス

パリ大賞には英ダービーを逃げ切って穴をあけたサーペンタイン(牡3、父ガリレオ)が約2カ月ぶりに出走します。人気薄での英ダービー勝ちをフロック視する声も聞かれていますがが、速いペースをつくって後続を断ち切ったレースぶりは並みの馬には出来ません。ここは相手にも恵まれた印象です。

◆パリ大賞(G1、芝2400メートル、13日=パリロンシャン)※馬番、馬名(父)性齢、騎手、調教師、オッズ

(1)ヘイツム(アノダン)牡3 E・ミハライド 41・0

(2)ノーベルプライズ(ガリレオ)牡3 A・オブライエン 26・0

(3)ゴールドトリップ(アウトストリップ)牡3 F・シャペ 21・0

(4)インスウープ(アドラーフルク)牡3 F・グラファール 7・0

(5)ハイランドチーフ(グレンイーグルス)牡3 P&O・コール 9・0

(6)ロードアキレス(リオデラプラタ)牡3 P・ファンデポール 151

(7)モーグル(ガリレオ)牡3 A・オブライエン 7・5

(8)ポートギヨーム(ルハーブ)牡3 JCルジェ 4・0

(9)サーペンタイン(ガリレオ)牡3 A・オブライエン 2・38

(10)イングリッシュキング(キャメロット)牡3 E・ウォーカー 10・0(ターフライター奥野庸介)

※競走成績等は2020年9月11日現在。

佐野元春みたいにしてます(笑い)
佐野元春みたいにしてます(笑い)
新冠優駿スタリオンに新厩舎ができました
新冠優駿スタリオンに新厩舎ができました