秋G1へ 自分だけの上がり馬を見つけよう

こんにちは。先週は国内外の秋のG1戦線を占う大事なレースが多数行われました。

まず、ディアドラが参戦した愛チャンピオンSは、悔しい結果となってしまいました。マーフィー騎手は、自身の騎乗内容について謝罪をしていましたが、このメンバーでもディアドラが能力上位である事が再認識出来るレースとなりました。次走はどこで戦うにしても是非注目したいと思いますし、ディアドラの精神力には敬意を表したいです。

続いては、凱旋門賞と同じフランスのパリロンシャン競馬場で行われた、フォワ賞についてお話をしたいと思います。日本から参戦したキセキはフランスのトップジョッキー、スミヨン騎手との新コンビでしたが、馬の持つスピードの違いで逃げる展開となりました。馬の後ろにつけてみたかったとレース後に角居調教師がお話をされていましたが、このレース後に状態が上向けば次戦も楽しみです。私個人としては、キセキらしくハイペースで逃げて欲しいとは思いますが、本番の凱旋門賞ではスミヨン騎手がどのような騎乗をするのか楽しみにしたいと思います。

フォワ賞の後には牝馬限定のG1ヴェルメイユ賞が行われ、ヨーロッパの牝馬クラシックの勝ち馬たちがそろう豪華メンバーとなりました。勝ったのはエネイブルと同じ厩舎のスターキャッチャー。鞍上はエネイブルの主戦騎手デットーリ騎手だったので、凱旋門賞へ行かないとレース後にゴスデン調教師がお話をされていたそうです。

その次に行われた3歳限定のニエル賞は、今年の仏ダービー馬ソットサスが出走する事で注目を集めていましたが、日本でおなじみのクリスチャン・デムーロ騎手とのコンビで強烈な末脚を見せるレースで完勝しました。この内容は凱旋門賞にもつながる内容だったと私は感じます。世界の女王エネイブルが過去に対戦した馬の中には、これほどの末脚で走る馬はいないと思うので、一番の脅威になるのではないかと思います。ただ、凱旋門賞は今回のレースと比べて出走頭数が多いので、どのように馬群をさばくかはクリスチャン・デムーロ騎手の手腕にかかっていると思います。

いよいよ、秋のG1戦線に向けて競馬が盛り上がってきました。ぜひ皆様にはこの時期の競馬に注目して頂き、今後のG1レースの参考にしてほしいと思います。もしかしたら、あなただけの上がり馬を見つける事が出来るかもしれません(笑い)。

(レースホースコーディネータ)