サウジからドバイへ 日本馬と坂井騎手の活躍に期待

こんにちは。今週のコラムは、先週サウジアラビアで行われたサウジカップナイトのお話をしたいと思います。

サウジアラビアは、年間5日間ほどしか雨が降らないそうですが、レース当日は雨模様で開催されました。まず、サウジダービーでは、日本馬の先陣を切って戸崎騎手が騎乗したピンクカメハメハが人気薄ながら見事な勝利を収め、森厩舎が同レースを2連覇する快挙を達成しました。

次に行われたリヤドダートスプリントでは、コパノキッキングが、ゴール直前でマテラスカイを差し切り、日本馬のワンツーフィニッシュという素晴らしい結果となりました。残念だったのは、坂井騎手が騎乗したジャスティンが彼本来の走りが出来なかった事。6着となり次のドバイでは、上位2頭の日本馬にどうリベンジするのか期待したいと思います。

そして、最後にメインのサウジカップに参加したチュウワウィザードですが、彼も本来の走りが出来ず、9着という結果に終わりました。ジャスティンと同様に、ドバイではこの2頭が新たな走りを見せてくれると私は感じています。

なぜ、私がこの2頭をドバイで注目するかというと、サウジアラビアのダートとドバイのダートには違う点があり、どの馬がどのように対応して行くかは、これからの調整次第だと思うからです。

私は、サウジカップの翌日に馬達と同じようにドバイへ移動しました。人馬ともに、順調にドバイへ移動出来た事は、両主催者のおかげだと思います。

今から約1カ月間ほどドバイワールドカップまで時間がありますが、坂井騎手は日本へ帰国せず、今週から世界を代表するゴドルフィン厩舎で有名な騎手達と一緒に騎乗し修行する事になっています。そして、地元レースにも騎乗する予定で、そのサポートを私がする事になっています。ぜひ応援をお願いします。

私は、坂井騎手が、オーストラリアで修行した時もサポートをしているので、彼が次のステージにステップアップ出来るようサポートをしたいと思いますし、この経験がドバイワールドカップナイトで成果として結果が出る事を信じたいと思います。

来週のコラムでは、ドバイで調教している馬達の近況をお伝えしたいと思います。お楽しみに。

(レースホースコーディネーター)

サウジカップなどの行われたキングアブドゥルアジーズ競馬場
サウジカップなどの行われたキングアブドゥルアジーズ競馬場
サウジカップ当日の場内の様子
サウジカップ当日の場内の様子
坂井騎手(左)と、サウジCをミシュリフで制したD・イーガン騎手
坂井騎手(左)と、サウジCをミシュリフで制したD・イーガン騎手