コパノキッキング距離延びても大丈夫/カペラS

◆先週の柴田大知◆

日曜中山11RカペラSのコパノキッキングは、後方からものすごい脚で差し切った。「本当にビックリした。想像以上の脚を使ってくれました。ゴールでも止まってないし、突き抜けましたからね。2、3番手の指示でしたが、スタートで首くらい遅れたら両隣の馬に気を使ってブレーキをかけたので、腹をくくって後方に。3角からは自分で上がっていきました。切れる脚が長く続くし、距離はもう少し延びても大丈夫そうです。いい馬に乗せてもらいました」。外枠だったら違う乗り方もできた。先行有利の馬場で、上がりは34秒9。ダート短距離界の新星誕生だ。

日曜中山4Rコスモハヤテは、好位から抜け出して初勝利を飾った。「ブリンカー効果でしょう。全然行きっぷりが違ってました。道中は楽に進んで行けましたし、直線も2着馬に来られたら、来ただけ伸びるという感じで。まだ余裕を感じました。相手なりに走りますし、この内容なら昇級してもやれそうです」。今回はとぼける面を見せなかった。自分から進んでいくタイプではなく、相手が強くなった方が力を発揮できると思う。【水島晴之】

<8日コメント>

中山1R・クールティアラ(7着) すごく乗り味が良く、勝てる力のある馬ですが、ずっと外に張っていて、余分なところに力を使っている感じでした。

中山2R・アルママ(4着) 1頭になるとフワフワするので気をつけて乗っていたのですが、最後で気の悪さが出てしまった。ダートの走りはいいです。

中山3R・コスモビックラコグ(3着) 前半は苦労しながらも、いいポジションが取れました。確実に力をつけてますね。もう少し落ち着いてくれたらいいのですが。

中山4R・ワイルドオーキッド(8着) デビュー時からあまり変わっていません。1800メートルも少し長いようです。

中山7R・コスモロビンソン(9着) 砂はかぶっても大丈夫ですが、向正面で外からまくられたら気にして突っ張っていました。走り切ってないです。

中山9R・マイネルスフェーン(8着) メンコを着けた分、反応が悪かったのか、前半いい位置が取れませんでした。最後はいい脚を使っているので、しまいを伸ばす競馬をさせてもいいかもしれません。

中山11R・マイネルバサラ(7着) 内容はすごく良かった。ただ、輸送が近い分、思ったほど体が減らなかったようです。それに斤量もこたえました。

中山12R・マイネルプリンチペ(6着) 楽な感じで行けたが、並ばれたら反応できなかった。久々の分でしょう。

<9日コメント>

中山2R・アドアステラ(3着) スタートが速くなかったし、流れも遅かったので向正面で動いていくしかありませんでした。

中山3R・マイネルミュトス(2着) 体が緩いのでゲートは出ませんが、けっこう脚は使いますね。やっと良くなってきた感じですし、これからもっと良くなると思います。

中山5R・マイネルリガス(9着) まだ、体が使い切れてないです。使いながらでしょう。

中山6R・ミラキュラスパワー(3着) スタートが速く、上手な競馬をしてくれました。軽い走りをするので、芝もまったく問題ない。テンションが高いのでそのあたりが課題です。

中山7R・トップホライゾン(16着) 気が悪いですね。ハロー掛けの跡を見ているのか、跳びながら走っていました。

中山9R・マイネルアルケミー(2着) フワッと出して、いいタイミングで仕掛けられた。理想的な競馬はできたと思います。勝ち馬が強かったですね。

中山10R・コスモイグナーツ(9着) 前半は馬の後ろにつけましたが、前が進んでいかず向正面から動く形に。今後はリラックスさせる競馬を覚えさせた方がいいですね。