コスモグラシエ9着気持ち入ってくれば/中山5R

◆先週の柴田大知◆

土曜中山5Rコスモグラシエは、後方から差を詰めて9着。「1200メートルは少し忙しいですね。それでもしまいはしっかり脚を使ってくれました。背中の感触が良くて、いい走りをします。1回使ったことが刺激になり、気持ちが入ってくれば、もっとやれると思います」。距離はマイルくらいあっていい。まだ真剣味が足りないが、レースへいって前向きさが出れば未勝利は近いうちに勝てる。

土曜中山12Rナーゲルリングは、2番手追走も踏ん張り切れず13着に敗れた。「スピードはあるんですが、直線に向いてから走りが変わらない。あそこでもう1段ギアが上がるといいのですが。しっかり走るのでダートを使ってもいいかもしれません」。このクラスでもスピードは通用する。砂適性は使ってみないと分からないが、切れる脚がないので試してみる価値はある。【水島晴之】

<11月30日コメント>

中山2R・アルヒミスト(8着) 途中から進みが悪くなった。体調がもうひとつだったのかもしれません。1800メートルは合っています。

中山3R・マイネルパイオニア(5着) 馬が良くなっています。最初の頃と違って走りがしっかりしてきました。

中山9R・コスモギンガ(10着) 突っ張るような走りで、前半から流れに乗れなかった。速い時計ではきついようです。

中山10R・ウイナーズロード(13着) 坂もこたえたのか、ラスト200メートルで脚が上がった。1000メートルがベストだと思います。

<12月1日コメント>

中山3R・マイネルラクスマン(3着) 途中から掛かってしまった。勝手に燃える感じで、気持ちのコントロールが難しい。

中山4R・マイネルキアロ(6着) チーク着用で集中力が出ました。上手に立ち回ったので、もう少し踏ん張ってほしかった。

中山6R・シマナ(10着) 素直な気性ですがまだ走る気がない。使いながらでしょう。

中山8R・アナザークイーン(8着) 休み明けの分なのか、トモが入ってこず手先だけで走っている感じでした。1度使って変わってほしいですね。

中山9R・アリンナ(13着) スピードのある馬で流れに乗れましたが、あそこからの踏ん張りがなかった。内枠ならもう少し粘れたと思いますが。

中山10R・マイネルツァイト(10着) いい頃に比べると、状態がひと息でした。あと1、2回使ってからでしょう。

中山11R・アルマエルナト(4着) 流れが遅くて少し力んでしまった。内枠で壁ができれば違ったんでしょうが。それに「よーい、ドン」の競馬では厳しいですね。