条件が好転するドリームドルチェで勝負/京葉S

中山10R (16)ドリームドルチェで勝負だ。阪神の1400メートルを使って、今回は2走前に2着した中山1200メートル。条件は好転する。しかも8枠16番。大跳びで馬混みではスムーズさを欠く心配があった。この枠なら自分のタイミングでスパートできる。追い切りの動きも絶好。ジャニュアリーSの再現がある。単1000円、複3000円。

中山5R (2)カナシバリの勝機。以前は集中力を欠く面もあったが、前走は後方からメンバー最速の上がり38秒2で4着に入った。ようやく常識にかかってきた印象。江田照騎手も手の内に入れており、あとは仕掛けのタイミングだけ。単2000円。

中山2R (10)ペイシャパシャが2戦目で変わる。初戦の仕上がりも悪くなかったが、経験馬相手に出遅れ、競馬にならなかった。たたいた上積みは大きく、ゲートを五分に出ればチャンスはある。単1000円、複3000円。(ここまでの収支 マイナス7万500円)