スマッシングハーツがゴール前のたたき合いで浮上/チャンピオンズC

中京11R・チャンピオンズC 今年はサンライズホープの出方が鍵を握る。これまで逃げ、先行で結果を出してきた馬が、みやこSでは後方から3角まくりで差し切った。羽月師も「前にこだわる必要はない」と前走同様の競馬を示唆しており、同馬が動く3角からは消耗戦になる可能性が高い。狙いは前より後ろ。決め手鋭いグリ◎スマッシングハーツに期待した。

ここ2戦はともに4着だが、馬場状態や流れが合わなかっただけ。グリーンチャンネルCはレコード決着の中、4角14番手から上がり最速34秒0で0秒7差まで詰め寄った。前走の武蔵野Sも逃げたバスラットレオンが3着に粘る先行有利の流れ。後方から伸びて勝ったギルデッドミラーと0秒5差なら悪くない。展開に左右されるが、G1でも通用する脚はある。

今回は展開も味方する。先にも述べたように、サンライズホープが早めにレースを動かせば、しまいの1ハロンはもつれる。ゴール前のたたき合いで浮上するのはスマッシングハーツだ。単複(4)と馬連(4)から(12)(3)(5)(1)(9)(10)(11)(13)。