AI予想アップしました

 3日間開催です。AI予想をアップしました。14日中山の京成杯はまだ枠順が出ていないので、予想は明日夜となります。

 せっかくなので、前日のリステッドレースの話から降級制度の廃止に続けたいと思います。ご存知の方も多いと思いますが、夏季番組から4歳馬は収得賞金が半減され、多くの馬が降級します。今年の夏からはこれがなくなります。そのため、もっとも上のオープン馬は増え続けることになります。近年は、調教の施設や技術の進歩、または医療面でも進歩しているため競走馬としての寿命も延びます。オープン馬はどんどん増えます。そのため、オープンクラスの中でもカテゴリーを分けましょう、というのがリステッドレース導入の側面でもあります。

 夏場は500万下のレースが多く、準オープンやオープンのレースでは少頭数になるケースがありました。ひと昔前は4歳以上の馬の出走頭数が多くなかったため、降級制度ができましたが、出走頭数が増えた現在では役目を終えているのかもしれません。

 予想という側面からは、降級馬を狙うのは鉄則という一方、やや分かりにくい制度だったことも確かです。

 今夏からは、500万下を勝って1000万下に昇級し成績が頭打ちになっても、降級制度の恩恵はありません。もうずっとそのクラスで走り続けることになります。となると、当該クラスで下位になることが多くなるとその馬は、力の限界となってしまいます。

 導入まであと半年ですが、どんな影響が出るのでしょうか。


 あやうく本日のブログもAIと関係ない話になりました。

先週はちょっと波がありすぎました。安定していい結果が出せることが1番。さらに学習を進めたいと思います。