桜花賞2着のサトノレイナス(牝3、国枝)が次走日本ダービー(G1、芝2400メートル、5月30日=東京)に向かうことが分かった。管理する国枝調教師が21日、早朝明らかにした。

オークス、ダービーともにクラシック登録されており、その動向が注目されていた。国枝師は「オーナー、ルメさんとも相談し決めました。もともといいものがあるし阪神JF、桜花賞では負けたけど力は見せてくれたし牡馬相手でもいけるかなと。ルメさんも手応えを感じているので」と話した。07年のウオッカ以来、14年ぶりとなる牝馬でのダービー制覇をウオッカと同じ桜花賞2着から目指す。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!