日曜東京メインはフローラS(G2、芝2000メートル、25日=東京、2着までオークス優先出走権)。

阪神JF3着のユーバーレーベン(手塚)は末脚が生きる東京への舞台替わりで新馬戦以来の勝利をつかみたい。1週前は美浦ウッドでいっぱいに追われ、5ハロン67秒7-12秒1。

手塚師は「1週前はそれなりに動いていた。疝痛(せんつう)明けだった前走よりも張りがあり順調です。力は上だと思うがスタートと最初の位置取りがポイントになると思う」と話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!