牝馬クラシック第1弾、桜花賞(G1、芝1600メートル、11日=阪神)の枠順が8日に確定した。

サトノレイナス(国枝)は8枠18番に入った。「仕方がないな。最後入れだし、スタートを決めてある程度の位置で進められれば」と国枝師。

大外枠だがコース改修後の07年以降は【2 2 0 10】の好成績。前走は無敗女王ソダシに鼻差敗れたが、今度は勝利を手にする。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!