<皐月賞:1週前追い切り>

牡馬クラシック初戦の皐月賞(G1、芝2000メートル、18日=中山)へ向けて8日、栗東トレセンで1週前追い切りが行われた。

すみれSを制したディープモンスター(牡、池江)は、水口騎手(レースは戸崎騎手)を背にCウッドで3頭併せを行った。6ハロン79秒0の自己ベストをマークし、ラストもいっぱいに追われて11秒8。

道中3馬身ほど前にいたソウルラッシュには半馬身遅れたが、池江師は「きつい負荷だったけど、上がってすぐ息が入った。いい調教ができた」と納得。日ごとに状態は上がってきた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!