凱旋門賞で7着に敗れた愛チャンピオンS覇者ルクセンブルク(牡3、A・オブライエン、父キャメロット)はレース中に筋肉を痛めたため、年内休養が決まった。3日、レーシングポスト電子版が伝えている。

管理するエイダン・オブライエン師は「ゲートからぎこちなく出て、腰の筋肉を痛めました。レース後はとても痛そうにしていました。スタート後の早い段階で起きてしまいましたが、彼は勇敢な馬で、いつも私たちに見せてくれたように、頭を下げながらゴールまで走ってくれました。今年はもう出走することはありません」と説明している。

来年は現役続行の予定。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】