<追い斬り激論:小倉記念>

小倉記念(G3、芝2000メートル、14日=小倉)の最終追い切りが10日、栗東トレセンと小倉競馬場で行われた。水曜恒例の「追い斬り激論」では、岡本光男記者が格上挑戦のムジカ(牝5、鈴木孝)を、マイクこと藤本真育記者がG1・7勝ジェンティルドンナの娘、ジェラルディーナ(牝4、斉藤崇)を猛プッシュした。

    ◇    ◇    ◇  

マイク 夏の甲子園が盛り上がっていますね!

岡本 アルプス席の応援も迫力があるね。こんなに暑いのに(笑い)。

マイク 今年は特に暑いですよね・・・。そんな時は「夏は牝馬」の格言通り、牝馬が狙い目になると思います。4歳牝馬ジェラルディーナが良さそうです。

岡本 福永騎手を背にCウッドで6ハロン83秒7-11秒3。G1馬ラウダシオンにしっかり先着していたね。

マイク 迫力十分の力強い動きで、状態の良さを感じさせました。福永騎手も笑顔で「馬がしっかりとして走りの質が変わってきた。重厚感が出て、長くいい脚を使える感じになっている」と好感触でしたよ。

岡本 重賞では勝ち切れていないのが気になる。

マイク 前走の鳴尾記念は2着でしたけど、左回りで「3、4コーナーでもたつくところがあった」と斉藤崇師は話していましたし、半馬身差の2着なら悲観しなくていいでしょう。福永騎手は「体ががっちりしてきたし、精神的にも落ち着いてきた」と話しています。成長がある今なら、十分勝てますよ。

岡本 “福永騎手番”のマイクが言うなら、信頼できそうやな。でも、僕は5歳牝馬ムジカに注目したい。坂路で4ハロン52秒8-12秒5。キビキビとした動きで身のこなしもシャープだったし、状態は良さそう。追い切り評価も堂々のS評価やね。何より、登録時点では除外対象だったけど、賞金上位馬が4頭回避して出走がかなった運がある。魅力は十分だと思う。

マイク 格上挑戦で、相手関係が鍵ですが・・・。

岡本 20年ローズSで2着、今年の阪神牝馬Sで4着と実績もあるし、瞬発力は重賞でも通用すると思っている。鈴木孝師は「速い脚を一瞬しか使えないし、直線の短い小倉はぴったり」と話すように、適性のあるコースなら面白い。重量51キロの分、瞬発力に鋭さが増すんじゃないかな。一発があってもいいよ。

マイク 僕は先週のレパードSをしっかり的中できましたし、重賞連続的中を目指しますよ!

岡本 ヒートアップしすぎて、予想も体調も失速しないように・・・。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】