レイデオロ

父キングカメハメハ、母ラドラーダ(母父シンボリクリスエス)。G1勝ち鞍は17年ダービー、18年天皇賞・秋。

祖母レディブロンドの半弟がディープインパクトという超良血。2歳時にホープフルS(当時はG2)、3歳時にダービー、4歳時に天皇賞・秋と3年連続でビッグレースを制し、一線級の能力を発揮し続けた。血統表にサンデーサイレンスが入っていないことから、サンデー系の繁殖牝馬と積極的に交配できる点は強みだ。

種牡馬入り初年度の昨年は、196頭との交配を行った。

種付け料は600万円。

社台SS関係者のコメント

無敗の3冠馬であるディープインパクトと同じ牝系出身です。父キングカメハメハは父としても、父父としても、母父としても3冠牝馬を送り出しました。母父は3冠牝馬デアリングタクトの父エピファネイアを生み出したシンボリクリスエスです。これほど3冠馬というワードを用いて紹介できる種牡馬はなかなかいません。さらに深く血統をたどれば(77年に米国初の無敗3冠達成の)シアトルスルーも入っているので、3冠馬にまつわる馬だらけです。毎年クラシックとは関係のある種牡馬になってくると思います。産駒は父キングカメハメハ、母父シンボリクリスエスの血統構成ですから、脚元が硬くなりかねないところはあるのですが、全くそういうところがなく、レイデオロらしいしなやかでスナップの強い脚元を受け継いでいます。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!