<日経新春杯>◇17日=中京◇G2◇芝2200メートル◇4歳上◇出走16頭

1番人気アドマイヤビルゴは直線で伸びを欠き、10着に終わった。好スタートから好位の内を確保。リズム良く運び、直線では武豊騎手が懸命に追ったが、脚を伸ばせなかった。

鞍上は「雰囲気はいいと感じていたし、ポジションもいいところを取れたが、直線に向いたら(手応えが)一気になくなってしまった。今日の一戦だけでは何とも・・・。初めて走らなかったですね」と話した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!