<追い斬り激論:小倉記念>

実績馬か、上がり馬か。「夏コク」の開幕週メイン小倉記念(G3、芝2000メートル、16日)の追い切りが12日、栗東トレセンで行われた。「追い斬り激論」では週末に小倉出張予定の2人が対決。岡本は昨年の菊花賞2着馬サトノルークス(牡4、池江)を推し、太田は2連勝中のランブリングアレー(牝4、友道)を支持した。

太田 待ちに待った「夏コク」開幕ですね。今年は4週間だけですが・・・。

岡本 もう心ここにあらずやね。小倉でも節度ある行動をせなあかんよ。

太田 ご心配なく。夜の街を出歩けない分、栗東を駆け回ってきましたよ。小倉記念はランブリングアレーで決まりです。

岡本 えらい自信やね。確かに唯一の「S評価」やし、動きは良かったけど。

太田 Cウッド半周の追い切りで4ハロン51秒5-12秒2。男勝りの豪快な走りでした。470キロ前後ですが、500キロ以上あるんやないかと思えるぐらい、体を大きく見せました。

岡本 序盤では少し行きたがる感じもあったね。

太田 確かに、前進気勢が強すぎて併せ馬ができないぐらいですが、友道師は「今は(実戦で)落ち着きが出てきた。調教では行きたがるけど、競馬では折り合いがつく。小回りでも自在に競馬ができる」と心配していません。夏は牝馬、そして格より勢い。小倉記念で歴代最多4勝の武豊騎手も心強いです。

岡本 僕は格も大事やと思うよ。菊花賞2着のサトノルークスは、ひとたたきして復調してきた感じ。上積みの大きさが魅力やね。

太田 前走は骨折明けにしても物足りない印象があるんですが。

岡本 10キロ増でも太くは見えんかったけど、やっぱり筋肉の張りが戻りきってなかったと思う。あの時は追い切りでも少しもたついとったからね。今回は坂路で追われて4ハロン54秒0-12秒5。前走より動きがシャキッとしたね。兼武助手も「息の感じも良かった」と評価しとったよ。

太田 今年は例年と違って開幕週の開催なので、差し届きますかね?

岡本 そこは織り込み済みやと思う。兼武助手も「開幕週なので、ある程度の位置が欲しい」と。ダービーの時にはハイペースの中で3番手につけたように先行力もあるからね。菊花賞は外を回って勝ちに等しい内容やったし、もともと池江師が「晩成タイプ」と評価していたように、伸びしろも十分。実力を発揮すれば勝ち負けやないかな。

太田 じゃあ万が一、僕が外れても、岡本さんにおごってもらえそうですね。

岡本 こういうご時世やから、一緒にメシ食うのはちょっとやめとこか。

太田 うまい逃げ方ですね・・・。自力で頑張ります。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ