日曜新潟メインは伝統の関屋記念(G3、芝1600メートル、16日)が行われ、快速トロワゼトワル(牝5、安田隆)がスピード馬場で巻き返しを狙う。

昨年9月の京成杯AHでマークした芝1600メートル1分30秒3はJRAレコード。安田隆師は「暑い時期は体調がいいし、軽い馬場は得意」という。前走・中京記念は「力のいる馬場がこたえた」と重く荒れた馬場で力を発揮できなかった。今の新潟はベストに近い条件。「状態もいい」だけに逃げ切りも可能だ。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ