<トラヴァーズS>◇8日=サラトガ(米国)◇G1◇ダート2000メートル◇3歳◇出走7頭

「真夏のダービー」はティズザロー(牡3、B・タグ、父コンスティテューション)が圧倒的人気に応えた。マヌエル・フランコ騎手を背に好位追走から早め先頭。最後は完全に流しながらのゴールで2着に5馬身半差をつけた。勝ちタイムは2分0秒95。

2着は後方からしぶとく伸びたカラカロ(牡3、G・デルガド、父アンクルモー)。2番人気だったアンクルチャック(牡3、B・バファート、父アンクルモー)は果敢に逃げたものの、3角でティズザローに交わされ、6着に沈んでいる。

3冠競走が変則日程になっている今年、ティズザローは3冠初戦となったベルモントSを快勝。今後は3冠2戦目、9月5日に行われるケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、チャーチルダウンズ)に絶対的な本命馬として向かうことになる。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ