JRAは8日、15日から9月6日の第3回新潟競馬(開催8日間)で再開する予定だったファンの入場を取りやめると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大傾向が顕著になっていることなどを踏まえ、無観客競馬に変更して継続するとした。

7月30日にインターネットで事前に指定席を購入した新潟県内在住者に限り、1日あたり619人に限定して入場できると発表していた。JRAは「新型コロナウイルスの新規感染者が急増して、感染者は高水準で推移しているところ。第3回新潟競馬は夏休みのお盆の時期で、県をまたいだ移動が予想される。さらなる感染者の増加が懸念されている」と理由を説明した。

8日午後6時までが15、16日の指定席の申し込み期限だったが、午前11時で取りやめた。その時点でJRAカード会員の先行予約を含め、15日に603人、16日には779人の申し込みがあった。既に指定席を購入したファンには、JRAのHPで返金手続きの案内をしている。

JRAの無観客競馬は2月29日から実施。現在開催中の札幌競馬、15日に開幕する小倉競馬は、既に無観客で行うことが決まっている。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ