メイショウダジン(牡、松永昌)が22分の9の抽選を突破して初のダート重賞に臨む。デビューから3戦はダートで2勝。芝重賞2戦(5、6着)を挟んで、前走は再びダートの鳳雛Sで4着に好走した。芝でも砂でも切れ味を発揮しているが、ダートでは上がり最速が2度。適性はより高そうだ。5日の最終追いは幸騎手を背にCウッド6ハロン82秒2-12秒8。

松永昌師は「動きは良かった。芝でも走るけど、血統的にも走り方もやっぱりダート。しまいは来るので直線が長いのはいい。このメンバーでもやれる」と末脚に期待していた。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ