<巴賞>◇5日=函館◇オープン◇芝1800メートル◇3歳上◇出走10頭

2番人気トーラスジェミニ(牡4、小桧山)が逃げ切った。軽く促してハナを取ると、スローペースに持ち込んだ。直線入り口で追い出すとしぶとく脚を伸ばして後続を寄せ付けなかった。勝ちタイムは1分47秒9。

この日のために駆けつけた木幡育騎手は「自分の競馬ができたら強いですね。スムーズに行けると粘り強いです。状態も前走より全然良かったです。馬体重は変わらないけど、実が入ってがっしりしていました」と話し、成長を実感した様子。前走エプソムCは最低18番人気ながら3着に逃げ粘り3連単420万超の大波乱を演出。今回はきっちり勝ち切り、フロックではなかったことを証明してみせた。次走は未定だが、中1週で函館記念(G3、芝2000メートル、19日)への参戦が有力視される。ここにきて上昇ムードが漂うトーラスジェミニが5度目の重賞挑戦で初の重賞勝利を狙う。【三嶋毬里衣】

   ◇   ◇   ◇

<ミラアイトーン=2着>横山和騎手 内容は良かったです。距離も適応してバランスよく走れるようになってきました。跳びのきれいな馬なので渋った馬場はかわいそうでした。器用な競馬ができるようになってきて楽しみです。

<カリビアンゴールド=3着>藤岡康騎手 前残りの中、しぶとく脚を使っているが、いつもはもっと3、4角の手応えがいいので、1回使えばよくなるでしょう。

<ブレステイキング=4着>藤岡佑騎手 手応えほどずっと脚は使わないイメージで早めから踏んで行きましたが、直線向いてギアが上がり切りませんでした。

<マイネルフラップ=5着>丹内騎手 内めでロスなく立ち回った分、しまいもしっかり脚を使ってくれました。

<レッドサイオン=7着>ルメール騎手 フットワークがあまりよくなかった。

<ドゥオーモ=9着>勝浦騎手 雰囲気よく、走れる状態でしたが、展開が向きませんでした。もう少し過酷なレースになってくれれば。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ